治療「手詰まり」の次の十手『糖尿病診療マスター』 [糖尿病の本]

糖尿病診療マスター 2017年04月号( Vol.15 No.4) -主な内容-

特集:治療「手詰まり」の次の十手


  1. いろいろなレベルの患者さんの知識を個別に教育していく次の一手  -糖尿病療養指導カードシステムを用いた糖尿病療養指導
  2. 独身・肥満糖尿病患者の食事指導 次の一手
  3. 運動療法をやっていても効果がない肥満2型糖尿病患者への次の一手
  4. DPP-4阻害薬で治療に行き詰まった在宅医療の糖尿病患者への次の一手
  5. 高齢や認知症で治療に非協力的な在宅療養患者の次の一手
  6. 経口薬を何種類追加してもうまくいかない,  インスリン治療も入院治療も拒否する患者への次の一手
  7. プレガバリン,デュロキセチン治療で改善しない  糖尿病性神経障害による痛みの治療 次の一手
  8. 肥満2型糖尿病でインスリン治療によって体重の下げられない患者,  GLP-1治療によってもHbA1cの下げられない患者への次の一手
  9. インスリン治療の単位数と体重を下げることができない  肥満1型糖尿病患者への次の一手
  10. 肥満を解消できない妊娠希望2型糖尿病患者への次の一手

●2003年より発行 医学書院
 出版社ホームページ→トップ糖尿病診療マスター

fujisan.co.jpへ

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶