最新版インスリン製剤・インクレチン薬・SGLT2阻害薬 早見表を公開

2016年11月17日 

糖尿病リソースガイドは17日、最新版の「インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2016 PDF版」を公開しました。このPDFは、当サイトで無料でダウンロードできるほか、11月18日・19日に岡山市で行われる第32回 日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会でパンフレット版を配布する予定です。
PDF版のダウンロードはこちら ▶

インスリン製剤早見表 表紙

 「インスリン製剤早見表」は2010年に公開をスタートしました。毎年、関連学会やイベント等で配布するほか、当サイト上でPDF版を公開。累計ダウンロード数は20万回以上と糖尿病医療に携わるたくさんの方々にご活用いただいています。

 国内で販売されているインスリン製剤(48製品)のほか、DPP-4阻害薬(21製品)、GLP-1受容体作動薬(7製品)、SGLT2阻害薬(11製品)の薬価や特長などが一覧できるツールです。

第32回 日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会で
無料配布

 11月18日・19日に岡山市で開催される第32回 日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会では、パンフレット版を無料配布します。在庫が無くなり次第終了となりますので、お早めにお立ち寄りください。参加できない方は、PDF版をダウンロードしてご利用ください。第32回 日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会の詳細 ▶

インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2016
PDF版のダウンロードはこちら ▶

関連情報

血糖に関する資料、早見表を公開 ―10月8日は、「糖をはかる日」―

(dm-rg.net)

日本医療・健康情報研究所

編集部注:海外での研究を扱ったニュース記事につきましては、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。

関連情報

開発中の薬剤―新薬情報― - 国内外の糖尿病治療薬の開発情報
◇インスリン注入器・注射針など
◇インスリンポンプ
◇SMBG:自己血糖測定器
◇CGM:持続血糖測定器
◇CGM:持続血糖測定器
◇SMBG:自己血糖測定器
◇検査機器・試薬
◇検査機器・試薬

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。©2009 - 2017 SOSHINSHA All Rights Reserved.

糖尿病リソースガイドとは

提供

掲載希望情報の受付

メールマガジン登録無料