初の国産DPP-4阻害薬「テネリア」発売 田辺三菱製薬/第一三共

2012年9月11日 

 田辺三菱製薬と第一三共は10日、DPP-4阻害約「テネリア」(一般名:テネリグリプチン)を共同で発売した。

 同剤は田辺三菱が創製した初の「日本オリジン」のDPP-4阻害薬。食事に応答して消化管から分泌されるホルモンであるGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)を分解する酵素DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)の働きを選択的に阻害することによりインスリン分泌を促進し、グルカゴン分泌を抑制することで血糖降下作用を発揮する。1日1回の経口投与によって、毎食後の血糖並びに空腹時血糖を改善する。

 これまで、国内では4成分11品目のDPP-4阻害薬が販売されているが、国内で開発されたのは同剤が初めて。両社は同一販売名で共同販売を行なっていく。

テネリア製品写真

◇「テネリア®錠20mg」の製品概要

販売名 テネリア®錠20mg (TENELIA®Tablets 20mg)
一般名 テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物錠
効能・効果 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
①食事療法、運動療法のみ
②食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア系薬剤を使用
③食事療法、運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用
用法・用量 通常、成人にはテネリグリプチンとして20mgを1日1回経口投与する。
なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら40mg1日1回に増量することができる。
包装 テネリア錠20mg:100錠(10錠×10)
           140錠(14錠×10)
           500錠(10錠×50)
           500錠(バラ)
薬価 207.70円
製造販売承認日 2012年6月29日
薬価基準収載日 2012年8月28日
発売日 2012年9月10日
製造販売元 田辺三菱製薬株式会社
販売元 第一三共株式会社

◇ニュースリリース
田辺三菱製薬
第一三共

(dm-rg.net)

日本医療・健康情報研究所

最近の関連情報

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。©2009 - 2014 SOSHINSHA All Rights Reserved.

糖尿病リソースガイドとは

提供

掲載希望情報の受付

メールマガジン登録無料