初の国産DPP-4阻害薬「テネリア」発売 田辺三菱製薬/第一三共

2012年9月11日 

 田辺三菱製薬と第一三共は10日、DPP-4阻害約「テネリア」(一般名:テネリグリプチン)を共同で発売した。

 同剤は田辺三菱が創製した初の「日本オリジン」のDPP-4阻害薬。食事に応答して消化管から分泌されるホルモンであるGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)を分解する酵素DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)の働きを選択的に阻害することによりインスリン分泌を促進し、グルカゴン分泌を抑制することで血糖降下作用を発揮する。1日1回の経口投与によって、毎食後の血糖並びに空腹時血糖を改善する。

 これまで、国内では4成分11品目のDPP-4阻害薬が販売されているが、国内で開発されたのは同剤が初めて。両社は同一販売名で共同販売を行なっていく。

テネリア製品写真

◇「テネリア®錠20mg」の製品概要

販売名 テネリア®錠20mg (TENELIA®Tablets 20mg)
一般名 テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物錠
効能・効果 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
①食事療法、運動療法のみ
②食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア系薬剤を使用
③食事療法、運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用
用法・用量 通常、成人にはテネリグリプチンとして20mgを1日1回経口投与する。
なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら40mg1日1回に増量することができる。
包装 テネリア錠20mg:100錠(10錠×10)
           140錠(14錠×10)
           500錠(10錠×50)
           500錠(バラ)
薬価 207.70円
製造販売承認日 2012年6月29日
薬価基準収載日 2012年8月28日
発売日 2012年9月10日
製造販売元 田辺三菱製薬株式会社
販売元 第一三共株式会社

◇ニュースリリース
田辺三菱製薬
第一三共

(dm-rg.net)

日本医療・健康情報研究所

編集部注:海外での研究を扱ったニュース記事につきましては、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
2016年07月04日
糖尿病治療の流れと最適な治療薬の選択 「リラグルチド」の心血管アウトカム試験の結果から
2016年06月21日
「人工膵臓」がさらに進化 血糖コントロールを最適化するための挑戦 ADA2016
2016年06月21日
「植物性食品」が中心の食事スタイルが2型糖尿病リスクを減少させる ADA2016
2016年06月20日
積極的な血糖コントロールが網膜症を半分に減少 ACCORDのフォローアップ研究「ACCORDION」
2016年06月20日
新規インスリン「Faster-acting insulin aspart」が1型・2型糖尿病の食後血糖コントロールを改善
2016年06月20日
糖尿病を止めよう(Stop Diabetes) 先進的な5件の研究プログラムに資金助成 ADA2016
2016年06月20日
血糖値をコントロールする脂肪の高活性代謝作用を発見 バンティング賞を受賞
2016年06月17日
GLP-1受容体作動薬「リラグルチド」が心血管イベントの合併を抑制 LEADER試験の結果がADAで発表
2016年06月17日
「糖尿病自己管理教育」(DSME)を高める環境整備が必要 ADA2016
2016年06月17日
1型糖尿病の自己免疫を抑制する治療の進歩 ADA2016
2016年06月17日
EMPA-REG OUTCOME試験の新しいデータを発表 SGLT2阻害薬が腎アウトカムを改善 ADA2016
2016年06月16日
糖尿病は21世紀の流行病 "見えない疾患"にどう立ち向かうか ADA2016
2016年06月10日
第76回米国糖尿病学会(ADA2016)開催間近 注目のセッションは?

最近の関連情報

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。©2009 - 2016 SOSHINSHA All Rights Reserved.

糖尿病リソースガイドとは

提供

掲載希望情報の受付

メールマガジン登録無料