GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病

 ノボ ノルディスク ファーマは、2型糖尿病を効能・効果とするオゼンピック皮下注の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注0.25mg SD」「オゼンピック皮下注0.5mg SD」「オゼンピック皮下注1.0mg SD」〔一般名:セマグルチド(遺伝子組換え)〕を、6月29日より発売した。
簡便な操作の週1回投与単回使用製剤
 「オゼンピック皮下注」は、セマグルチドを有効成分とした週1回投与のGLP-1アナログ製剤。今回発売した「オゼンピック皮下注SD」は、注射針がすでに組み込まれており、注射針の取り付けの必要がなく、注射部位にあてて押すだけで、自動的に注入が開始できるオートインジェクションの機能を備えた注入器を用いた製剤。製品名に含まれる「SD」は、単回投与を意味するSingle Doseの頭文字に由来する。

 日本での「オゼンピック皮下注」の承認は、グローバル臨床試験プログラム「SUSTAIN」にもとづいている。これらの臨床試験で、「オゼンピック皮下注」による治療で、対照薬と比較し優れたHbA1c低下作用が認められた。

 「SUSTAIN」は、1万65人の成人2型糖尿病患者を対象とする8つの第3a相試験からなるグローバル臨床開発プログラム。この第3a相臨床試験プログラムでは、心血管疾患リスクの高い患者を含め、多岐にわたる2型糖尿病患者が組み入れられた。このうち5つの臨床試験に約1,200名の日本人成人2型糖尿病患者が対象に含まれている。

 新しい簡便な操作の単回使用製剤である「オゼンピック皮下注SD」は、日本の患者のみに向けて開発された。なお「オゼンピック皮下注」は2017年に米国食品医薬品局により最初に承認され、現在33ヵ国で販売されている。

オゼンピック皮下注SD

オゼンピック皮下注0.25mg SD、オゼンピック皮下注0.5mg SD、オゼンピック皮下注1.0mg SD 概要
販売名オゼンピック皮下注0.25mg SD
オゼンピック皮下注0.5mg SD
オゼンピック皮下注1.0mg SD
一般名セマグルチド(遺伝子組換え)
効能・効果2型糖尿病
用法・用量通常、成人には、セマグルチド(遺伝子組換え)として週1回0.5mgを維持用量とし、皮下注射する。ただし、週1回0.25mgから開始し、4週間投与した後、週1回0.5mgに増量する。なお、患者の状態に応じて適宜増減するが、週1回0.5mgを4週間以上投与しても効果不十分な場合には、週1回1.0mgまで増量することができる。
承認年月日2020年3月12日
包装1筒0.5mL:2本
薬価基準収載日2020年5月20日
薬価オゼンピック皮下注0.25mg SD:1,547円
オゼンピック皮下注0.5mg SD:3,094円
オゼンピック皮下注1.0mg SD:6,188円
発売日2020年6月29日
製造販売元ノボ ノルディスク ファーマ株式会社

ノボ ノルディスク ファーマ
[Terahata]

関連ニュース

2020年10月08日
SGLT2阻害薬 vs DPP-4阻害薬 どちらが心血管イベントリスクの低下で有利か
2020年10月01日
メトホルミンが認知機能低下を抑制する可能性
2020年09月24日
握力は糖尿病発症リスクの独立した予測因子 簡便で低コストな臨床ツールに
2020年09月17日
重症低血糖を経験した2型糖尿病患者は転倒リスクが2倍以上に ARIC研究
2020年09月10日
ADAの2020年版2型糖尿病薬物療法ガイドライン 第一選択薬はメトホルミン 早期の併用療法を推奨
2020年09月03日
米国糖尿病学会(ADA)など7組織が「2型糖尿病患者の自己管理教育と支援に関するコンセンサス」を改訂 栄養指導がHbA1cを最大2%低下
2020年08月27日
青少年患者へのCGM開始には本人の意思決定が重要
2020年08月20日
インフルエンザワクチンが糖尿病患者の全死亡や心血管死を抑制する可能性
2020年08月06日
2型糖尿病罹病期間と末期腎不全リスクの関係は、発症年齢の若い方が顕著
2020年07月30日
ビタミンC、カロテノイド、全粒穀物が糖尿病リスクを下げる

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶