1940 年
糖尿病医療 進歩の歴史

魚由来インスリン製剤化

静岡県の清水水産が武田薬品の協力のもと発足させた清水製薬が、魚類由来のインスリンの製剤化に成功。折から戦時体制によりインスリン原末の輸入が途絶えていたことから、国内の糖尿病患者の治療に用いられた。

魚由来インスリン製剤化

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る