速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合OD錠」発売

 キッセイ薬品工業は、速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合錠」(ミチグリニドカルシウム水和物/ボグリボース配合錠)の新しい剤形となる「グルベス配合OD錠」を発売した。
 「グルベス配合錠」(普通錠)は、速効型インスリン分泌促進薬ミチグリニド(製品名:グルファスト)と食後過血糖改善薬ボグリボースとの配合剤で、2011年7月に発売された。ミチグリニドによる食後の速やかなインスリン分泌促進作用とボグリボースによる糖質の消化・吸収を遅延する作用を併せもつことで、単剤に比べて食後血糖上昇をより抑制する。

 「グルベス配合OD錠」は、その新しい剤形であり、糖尿病治療薬の配合剤では国内初の口腔内崩壊(OD)錠となる。口腔内で速やかに崩壊し、水なしでも服用できる。錠剤の服用が困難な患者へ新たな選択肢を提供できる。

グルベス配合OD錠 概要
販売名グルベス配合OD錠(GLUBES Combination OD Tab.)
有効成分ミチグリニドカルシウム水和物(10mg)及び日局ボグリボース(0.2mg)(1錠中含量)
効能・効果2型糖尿病
ただし、ミチグリニドカルシウム水和物及びボグリボースの併用による治療が適切と判断される場合に限る。
用法・用量通常、成人には1回1錠(ミチグリニドカルシウム水和物/ボグリボースとして10 mg /0.2 mg)を1日3回毎食直前に経口投与する。
薬価グルベス配合OD錠 1錠 47.70円
薬価基準収載日2019年6月14日
発売日2019年6月14日
製造販売元キッセイ薬品工業株式会社
グルベス配合OD錠 添付文書
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
高齢糖尿病患者などで血糖コントロールが厳格過ぎる 低血糖リスクが高い可能性
2020年02月27日
SGLT2阻害薬の心血管保護効果は背景因子に関わらず有意
2020年02月20日
膵島抗体スクリーニングで小児1型糖尿病リスクを評価可能
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
2020年01月30日
isCGMで成人1型糖尿病患者の低血糖や欠勤が有意に減少
2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2019年12月25日
男性は運動により空腹時GLP-1が低下し糖負荷後の応答が改善

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶