医療機関向け血糖測定器「メディセーフフィットプロII」を発売 テルモ

 テルモは、病棟で測定した血糖値を電子カルテに自動転送ができるグルコース分析装置「メディセーフフィットプロII」と専用の測定チップ「メディセーフフィットプロチップ」を12月13日から全国の医療機関に向けて発売した。
血糖値を電子カルテに自動転送
 「メディセーフフィットプロII」は、独自の測定チップのフィルター構造とグルコース分析装置のフォトセンサの技術によって、測定精度が向上した。「メディセーフフィットプロチップ」との組み合わせで、測定範囲を従来機の血糖値20~600mg/dLから10~1000mg/dLに拡大。

 臨床・検査標準協会のPOCT国際ガイドライン「CLSI POCT 12ーA3」で定められている試験方法で、基準機に対して、「100mg/dL未満±12mg/dL以内に95%」「100mg/dL以上±12.5%以内 に95%」に準拠することを確認した。

 従来機と同様に、使用する医療従事者と患者の認証を行い、血糖値を測定日時とあわせて本体に記録することができる。また、病棟で使用する医療従事者の安全と使い勝手を追求し、小型・軽量化とともに、シンプルなボタン操作によって、片手での操作性や携帯性の向上を図ったという。

 希望小売価格は、「メディセーフフィットプロII」が18万円、「メディセーフフィットプロチップ」(100個入り)が1万5,000円。
メディセーフフィットプロIIの主な仕様
測定範囲血糖値10~1000mg/dL(1000モード)
血糖値20~600mg/dL(600モード、互換モード)
ヘマトクリット値10~70% (1000モード)
20~60% (600モード、互換モード)
記憶容量血糖測定1000件、QC点検200件(1000モード、600モード)
血糖測定50件、QC点検20件(互換モード)
外形寸法幅:約51mm、奥行:約130mm、高さ:約28mm
重量約80g(電池含む)
[Terahata]

関連ニュース

2021年02月04日
メトホルミンを使用している糖尿病患者は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連死のリスクが低い
2021年01月29日
網膜OCT所見と高齢1型糖尿病患者の認知機能が相関
2021年01月22日
低炭水化物食開始6ヵ月は糖尿病寛解率が有意に高い
2021年01月15日
SGLT2阻害薬を使用中にCOVID-19に罹患 正常血糖糖尿病ケトアシドーシス(DKA)を発症した症例 米国内分泌学会
2021年01月07日
血糖・血圧管理で心血管系自律神経障害リスクが低下――ACCORD研究
2020年12月23日
孤独感は2型糖尿病の独立したリスク因子 孤独感が慢性化するとストレスの負の連鎖が
2020年12月17日
ティーチバックによる療養指導で糖尿病患者の転帰改善
2020年12月11日
【新型コロナ】糖尿病網膜症のあるCOVID-19患者は気管挿管の頻度が5倍以上 呼吸不全リスクが高い可能性
2020年12月03日
高周波の脊髄刺激療法で糖尿病神経障害の痛みが緩和 9割が50%以上の疼痛緩和
2020年11月26日
糖尿病・慢性腎臓病(CKD)のためのKDIGO診療ガイドライン2020年版を公表

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶