降圧をめぐる最新エビデンスから腎・高血圧診療を考える『腎・高血圧の最新治療』 [糖尿病の本]

腎・高血圧の最新治療 Vol.6 No.3 通巻20号(2017年7月) 発行号 -主な内容-

<特集>降圧をめぐる最新エビデンスから腎・高血圧診療を考える

企画/長谷部 直幸(旭川医科大学内科学講座循環・呼吸・神経病態学分野)
企画にあたって
   長谷部 直幸

  1. 降圧治療のメタ解析は,なぜ腎不全発症抑制を支持しないのか
      瀬川 裕佳  有馬 久富  三浦 克之
  2. 腎予後の改善に厳格降圧は無効か-SPRINT研究から
      田村 功一  小林 竜  畝田 一司  春原 浩太郎  涌井 広道
  3. 厳格降圧は高齢者のイベント抑制にこそ有効なのか-SPRINT研究から
      神出 計  樺山 舞
  4. SGLT2阻害薬と心腎保護-降圧利尿作用と臓器保護
      木村 玄次郎
  5. 大規模臨床試験における降圧の心血管イベント抑制効果に性差はあるのか
      梅本 誠治

<原著>
外来血液透析患者のリンに対する意識調査
  小幡 真希子  大崎 時糸子
<用語解説> DALY(disability adjusted life years: 障害調整生存年数)
 西條 泰明
GNRI(geriatric nutritional risk index)
 中川 直樹

<文献紹介>
BMC Nephrol 17: 179, 2016
 藤野 貴行

<エッセイ 日本の腎臓病学・高血圧症学の先達から>
高血圧の薬物療法を振り返る
 島田 和幸

●B5・約60ページ 本体\800円+税 2012年10月創刊 季刊(年4回:1月、4月、7月、10月)発行 フジメディカル出版(06-6351-0899)
 ホームページ→トップ腎・高血圧の最新治療

fujisan.co.jpへ

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶