DPP-4阻害剤テネリアとSGLT2阻害剤カナグルの配合剤 「カナリア配合錠」が国内初承認

 田辺三菱製薬と第一三共は、選択的DPP-4阻害剤「テネリア錠」(一般名:テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物)とSGLT2阻害剤「カナグル錠」(一般名:カナグリフロジン水和物)の配合剤である、2型糖尿病治療剤「カナリア配合錠」について、田辺三菱製薬が2型糖尿病を効能・効果として、厚生労働省より7月3日に製造販売承認を取得したと発表した。
DPP-4阻害剤とSGLT2阻害剤のはじめての配合剤「カナリア配合錠」
 カナリア配合剤は、DPP-4阻害剤とSGLT2阻害剤の2成分を含有する配合剤として、日本ではじめて承認された。DPP-4阻害剤による血糖値に応じたインスリン分泌促進作用と、SGLT2阻害剤による尿糖排泄促進作用という、2つの異なる作用機序によって血糖降下作用を有する1日1回服用の経口剤。国内の臨床試験では、テネリア錠または、カナグル錠で効果が不十分な患者を対象として、有効性、安全性ならびに良好な忍容性が確認されている。

 カナリア配合錠は、テネリア錠とカナグル錠の併用治療で血糖コントロールが安定している2型糖尿病患者への利便性を高め、服薬アドヒアランスを向上させることにつながる。また、テネリア錠・カナグル錠での単剤治療を受けているものの、効果が不十分な2型糖尿病患者にとっては、血糖コントロールの改善が期待できるという。

 現在、第一三共がテネリア錠を、田辺三菱製薬がカナグル錠を販売しているが、カナリア配合錠は、第一三共が販売を行う。医療機関への情報提供活動については、テネリア錠・カナグル錠と同様、両社共同で実施する。

カナリア配合錠 添付文書
[Terahata]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶