「平成24年度診療報酬改定」糖尿病治療薬の薬価を変更しました

糖尿病リソースガイド編集部
 厚生労働省より平成24年度の診療報酬の算定方法が告示され、4月1日より適用となりました。これに伴い、使用薬剤の薬価の一部が変更となりましたので、糖尿病リソースガイドに掲載している薬剤の薬価を変更しました。

⇒糖尿病リソースガイド「第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬」

関連情報
平成24年度診療報酬改定について 厚生労働省

[dm-rg.net]

関連ニュース

2020年07月30日
ビタミンC、カロテノイド、全粒穀物が糖尿病リスクを下げる
2020年07月16日
座位が続くときは軽い運動を間に挟むと糖代謝が改善
2020年07月09日
インスリンやメトホルミンにGLP-1受容体作動薬を追加 HbA1cが低下
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
COVID-19発症1型糖尿病患者はDKAに要注意
2020年06月25日
ストレスが閉経後の2型糖尿病女性の冠動脈イベントを増やす
2020年06月18日
糖尿病患者のCOVID-19による重症化や死亡にBMIが関連
2020年06月11日
【新型コロナウイルス】血糖コントロールが良好なら糖尿病患者の重症化リスクは低い
2020年06月03日
脳卒中後の認知機能の低下に糖尿病が関与
2020年05月29日
さらに見やすく!新薬価も反映『インスリン製剤早見表2020-2021』

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶