1983 年
糖尿病医療 進歩の歴史

老健法による健診がスタート

老人保健法(現在の「高齢者の医療の確保に関する法律」)に基づく健康診査・健康教育制度がスタート。検尿には尿糖、尿蛋白、尿潜血が測定され、糖尿病に関する精密検査として糖負荷試験を規定。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る