2013 年
糖尿病医療 進歩の歴史

熊本宣言 発表

従来、患者背景によらず一律に'優・良・可・不可'と区別していた血糖コントロール目標を、HbA1c6%未満・7%未満・8%未満と3段階とし、個々の患者の病態や治療環境等を考慮し決定するという新たな治療目標が、日本糖尿病学会年次学術集会にて「熊本宣言」として発表される。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る