1985 年
糖尿病医療 進歩の歴史

山形県舟形町でHbA1cを用いた集団検診の試み

山形県小国町および舟形町で、糖尿病健診にHbA1cを導入し、健診簡便化の試み。空腹時血糖値とHbA1cでスクリーニングするという今日のスタイル。この時期、空腹時血糖値とHbA1またはHbA1cによるスクリーニングの試みが各地で行われる。

関連情報

「糖尿病医療 進歩の歴史 -全記録年表-」 へ戻る