肥満・糖尿病とアルツハイマー病を合併すると寿命がさらに短縮 脳内グリア細胞の関与を示唆

 国立長寿医療研究センターは、マウスモデルを用いて、アルツハイマー病の原因とされているβアミロイドが肥満・糖尿病マウスの寿命をさらに短くさせることを証明し、さらにそのメカニズムとしてアストロサイト(星状膠細胞)の活性化の関与を示唆する結果を得たと発表した。
βアミロイドが肥満・糖尿病マウスの寿命をさらに短縮
 肥満や糖尿病はアルツハイマー病のリスク因子であり、またアルツハイマー病は糖尿病を悪化させる。それぞれが寿命を短くすることはよく知られている。国立長寿医療研究センターなどの研究グループは今回の研究で、肥満・糖尿病とアルツハイマー病の両方をもつマウスを作製し、それらを合併すると寿命がさらに短縮することを明らかにした。

 研究は、同センター認知症先進医療開発センター分子基盤研究部の篠原充室長と里直行部長の研究グループが、大阪大学および理化学研究所との共同研究として行ったもの。研究成果は「The FASEB Journal」に掲載された。

 脳には神経細胞のほかに、ミクログリアやアストロサイトなどの細胞が存在する。ミクログリアは貪食作用をもった細胞で脳内の不要物を掃除する。アストロサイトは神経細胞と協調しながら脳機能に関わり、血管の細胞と一緒に血液脳関門を形成する。

 研究グループが解析した結果、肥満・糖尿病マウスではこのミクログリアの機能が低下していることが示された。また、肥満・糖尿病マウスの脳内にβアミロイドが加わると、アストロサイトを構成する細胞骨格のひとつであるGFAPが増加し、アストロサイトが反応性に活性化されることが示された。

 GFAPはGlial Fibrillary acidic protein(グリア線維性酸性タンパク質)の略で、アストロサイトの細胞内に存在し、直径10nm程度の管腔構造をもつ細胞を支える支柱の構成成分。GFAPは以前から、加齢により増加することが知られていた。

 研究グループは、「加齢により増加するGFAPが糖尿病とアルツハイマー病の合併で増加することは興味深い。今後は糖尿病とアルツハイマー病の合併で活性化されるアストロサイトの機能を探ることで健康寿命の延伸につながる可能性がある」と、述べている。

 

国立長寿医療研究センター
Increased levels of Aβ42 decrease the lifespan of ob/obmice with dysregulation of microglia and astrocytes(The FASEB Journal 2019年12月16日)
[Terahata]

関連ニュース

2020年01月08日
SGLT2阻害薬「ジャディアンス」がDPP-4阻害薬に比べ2型糖尿病患者の心不全による入院、末期腎不全および全死亡リスクを低下
2020年01月07日
肥満・糖尿病とアルツハイマー病を合併すると寿命がさらに短縮 脳内グリア細胞の関与を示唆
2020年01月06日
糖尿病リソースガイド 【2019年にもっとも読まれたニュース ベスト20】
2019年12月25日
2型糖尿病の「隠れ肥満」はインピーダンス法で簡単に判定できる CTによる内臓脂肪面積の測定と高い相関 国立循環器病研究センター
2019年12月25日
糖尿病網膜症に高脂血症治療薬「ペマフィブラート」が有用 選択的PPARαモジュレーターによる新規網膜症治療の可能性
2019年12月25日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月20日
2型糖尿病治療剤「Imeglimin」の日本での第3相「TIMES 2」試験の速報 ミトコンドリア機能を改善
2019年12月19日
non-HDLコレステロール高値は心血管疾患の長期リスク上昇と関連 45歳未満からの介入が重要
2019年12月19日
一般診療への薬剤師の主導的介入でHbA1cが有意に改善
2019年12月19日
腕時計サイズの小型のウェアラブル血圧計を発売 手首で血圧測定 医療機器認証を取得

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶