HbA1c基準では糖尿病の過小診断につながる可能性

 HbA1c基準では糖尿病は過小診断され、正常耐糖能(NGT)は過剰診断される可能性があることが、米シティ・オブ・ホープ国立医療センターのMaria Mercedes Chang Villacreses氏らが実施した研究で示された。研究の詳細は、米国内分泌学会(ENDO 2019、3月23~26日、米ニューオーリンズ)で発表された。

 Chang Villacreses氏らは今回、米国国民健康栄養調査(NHANES)から2005~2014年のデータを用いて、成人9,000人を対象にHbA1c、経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)により定義された耐糖能を比較した。HbA1c基準による糖尿病およびNGTの診断の感度と特異度は、OGTT基準を参照として評価した。

 その結果、HbA1c基準とOGTT基準により定義された耐糖能の分布には有意な差が認められた。HbA1c基準による糖尿病診断の感度と特異度は、OGTT基準を参照値とするとそれぞれ26.93%、99.39%であり、OGTTで定義された糖尿病の73.07%を見逃していたことが分かった。一方、HbA1c基準によるNGT診断の感度と特異度はそれぞれ84.91%、43.53%であり、OGTT基準で定義されたNGTの15.09%に誤診が見られた。

 これらの結果を踏まえ、Chang Villacreses氏らは「今回の研究結果では、HbA1c基準のみで診断された糖尿病とNGTの有病率は信頼性が低く、糖尿病の過小診断とNGTの過剰診断につながる可能性があることが示された」と述べている。

[HealthDay News 2019年3月25日]

関連情報

Copyright ©2019 HealthDay. All rights reserved.
[Terahata]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶