2型糖尿病患者「冬に数値が悪化」 HbA1cなどは季節変動している JDDMデータベースを解析

 2型糖尿病患者のHbA1c、血圧、LDLコレステロールは季節変動し、冬場にコントロールが悪化する傾向があるとの研究結果を、東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科准教授の坂本昌也氏らが発表した。
糖尿病の管理目標値の達成率は夏に向上、冬に低下する
 HbA1c、血圧、LDLコレステロールの糖尿病の治療目標の達成率は、夏にピークを迎え、秋から冬にかけて低下し、春にまた好転する傾向があることが、東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科准教授の坂本昌也氏らの研究で明らかになった。研究は、糖尿病データマネージメント研究会(JDDM)のデータベースを用いて解析したもので、「Diabetes Care」に掲載された。

 研究では、全国の診療所からJDDMに登録された2型糖尿病患者10万4601例のデータから、2013~14年の24ヵ月に12回以上通院し、HbA1c、血圧値、LDLコレステロール値が測定されていた20~75歳の2型糖尿病患者4,678例を抽出。HbA1c7%未満、血圧130/80mmHg未満、LDLコレステロール100mg/dL未満の目標達成率を調査した。米国糖尿病学会(ADA)は「A(HbA1c)」「B(blood pressure)」「C(cholesterol)」を目標範囲に保つことを治療の一次的目標としている。

 その結果、ABCの管理目標の達成率は冬(12~2月)は夏(6~8月)より下がることが明らかになった。ABCのすべて設定していたのは、夏は15.6%、冬は9.6%だった。HbA1cの目標達成率は、夏が53.1%だったのに対し冬が48.9%。血圧は夏の56.6%に対し冬は40.9%、脂質も夏の50.8%に対し冬は47.2%となり、冬は夏より達成率が低かった。

 多変量ロジスティック解析では、冬場のHbA1cの目標達成率低下には、BMI25以上の肥満(BMI25~30 オッズ比0.45、BMI30以上 同0.35)。10年以上の罹病期間(同0.53)が関連していた。年齢が65歳以上であること(同0.47)は独立して、収縮期血圧(SPB)の上昇と関連していた。また、インスリンおよびSU薬の使用は季節にかかわらず、全ての目標の達成(ABC達成)率の低下に独立して関連していた。

 血糖や血圧、脂質のコントロール不良は動脈硬化性疾患を進行させ、脳梗塞や心不全などのリスクを高める。今回の研究は月単位でABCのすべての数値の変動を追ったもので、季節変動リスクがどういった条件で高く、どのような介入を行うべきかを示唆するものだ。

 「HbA1cだけでなく血圧、脂質も季節変動していることが分かった。2型糖尿病の治療では、ABCのすべての達成率に季節変動があることを考慮する必要がある。リスクが高い患者層では、冬に向けた管理強化を行うことが重要。医療者には治療強化、患者には生活習慣の改善が求められる」と、研究者は述べている。

糖尿病データマネージメント研究会(JDDM)
Seasonal Variations in the Achievement of Guideline Targets for HbA1c, Blood Pressure, and Cholesterol Among Patients With Type 2 Diabetes: A Nationwide Population-Based Study (ABC Study JDDM49)(Diabetes Care 2019年2月15日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年03月01日
持続血糖測定器「Dexcom G4 PLATINUMシステム」を発売 リアルタイムでグルコース濃度の変動を確認 テルモ
2019年02月28日
2型糖尿病患者「冬に数値が悪化」 HbA1cなどは季節変動している JDDMデータベースを解析
2019年02月28日
糖尿病の運動療法に新展開 運動により増えるアディポカインが糖代謝を改善 ジョスリン糖尿病センター
2019年02月26日
世界最短・最細の注射針「ナノパスJr.」を発売 「こわくない注射針」がコンセプト
2019年02月22日
中年期に高血糖でも適切に管理すれば循環器病リスクは低下 国立循環器病研究センター
2019年02月22日
2型糖尿病患者への肥満手術でインスリンが不要に 肥満手術の術後早期の血糖上昇抑制のメカニズムを解明 徳島大
2019年02月22日
運動が心筋梗塞発症後の腎機能低下を防ぐ 歩数が多いほどeGFRが良好に 患者の自主的なウォーキングがカギに
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月19日
日本腎臓学会と日本糖尿病学会の専門医間の紹介基準を作成 両学会の連携を強化
2019年02月15日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶