「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」を公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会

 日本老年医学会は「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」の公開を同学会ホームページで開始した。日本肥満学会の協力を得て、高齢者の肥満症の診療に認知症やADL(運動機能)低下の観点を加え作成したもの。肥満症の治療についても詳しく解説している。
高齢者の肥満診療をどうするべきかを解説
 日本老年医学会(楽木宏実理事長)は、「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」(荒木厚作成委員長)の公開を同学会ホームページで開始した。同ガイドラインは、同学会が取り組んでいる「高齢者生活習慣病管理ガイドライン」の作成の一環として、日本肥満学会(門脇孝理事長)の協力を得て作られた。すでに出ている「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」に続くものになる。

 日本肥満学会は肥満症について、肥満に起因・関連する健康障害を有するか、健康障害が予測される内臓脂肪が過剰に蓄積しており、減量治療を必要とする状態と定義。肥満は疾患ではないが、肥満症は疾患であり、医学的な介入が必要となる。

 具体的には、肥満(BMI 25以上)で、あるいは内臓脂肪面積が100cm²以上の内臓脂肪型肥満があり、肥満に起因ないし関連する11疾患に及ぶ健康障害のいずれかがある場合とされている。

 日本老年医学会のガイドラインは、日本肥満学会の「肥満症診療ガイドライン2016」を参考に、認知症・ADL低下などの観点から新たにクリニカルクエスチョン(CQ)を設定し、システマティックレビューにより新しい視点を加えている。

 ガイドラインは、▼I 肥満または肥満症の診断、▼II 肥満症の影響、▼III 肥満症の治療――の3章で構成され、各章でCQを設定している。とくに「肥満症の影響」では詳しく解説し、肥満と認知症リスク、ADL(運動機能)の低下、心血管疾患などとの関係が記されている。

 高齢者の肥満症の特徴として「BMIが体脂肪量を正確に反映しないことが少なくないこと」「ウエスト周囲長やウエスト・ヒップ比はBMIよりも死亡のリスク指標となること」「加齢とともに肥満にサルコペニアが合併したサルコペニア肥満が増えること」などが解説されている。

 「高齢期の認知症のリスク」について、「中年期の肥満は高齢期の認知症発症のリスクであるので注意(推奨グレードA)」「サルコペニア肥満は単なる肥満と比べてよりADL低下・転倒・骨折、死亡をきたしやすいので注意する必要がある(推奨グレードA)」などど注意を促している。

 CQには、「高齢者のメタボリックシンドロームはADL低下のリスクになるか?」「生活習慣の改善により体重、BMIを是正することでADL、疼痛、QOLは改善するか?」「インスリン抵抗性は認知機能低下または認知症発症のリスクとなるか?」なども掲載。

 「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」は、日本老年医学会ホームページで無料で公開されている。

日本老年医学会
  高齢者肥満症診療ガイドライン2018

関連情報
[Terahata]

関連ニュース

2019年01月10日
肥満に対する新たな薬理学的アプローチを発見 骨から分泌されるGluOCが脂肪細胞の細胞死をコントロール
2019年01月10日
米国で2型糖尿病患者の7人に1人がSMBGをやり過ぎている
2019年01月09日
「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」を公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月09日
「サーキットトレーニング」が効果的な運動法に 2型糖尿病発症率を最大で40%低下 国立健康・栄養研究所とカーブスジャパンが共同研究
2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月28日
「劇症1型糖尿病」に関与する遺伝子を全ゲノム解析で世界ではじめて特定 日本糖尿病学会1型糖尿病委員会がオールジャパン体制で実施
2018年12月28日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測
2018年12月27日
糖尿病の自己管理をアドバイスするアプリが低血糖・高血糖のリスクを低減 アセンシアの血糖自己測定システム用アプリ「CONTOUR DIABETES」
2018年12月27日
「腎機能が低下した患者」に誤った量の薬を提供 医療機能評価機構が注意喚起
2018年12月27日
若年1型糖尿病患者のQOLに影響する因子とは?

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶