次世代型「マイクロニードル」を開発 光渦レーザー加工技術を用いた微細針 NEDO事業に採択

 マイクロニードルなどの医療機器を手掛けるシンクランドは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成30年度「研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップに対する事業化支援」にて、テーマ名「ホローマイクロニードルによる次世代型医療用DDSの実用化開発」に採択されたと発表した。助成金は最大7,000万円。
光渦レーザー加工技術を用いた次世代型DDS
 「ホローマイクロニードル」は、生体適合材料を用いた直径100um以下の微細針であり、無痛かつ中空部分から薬剤の適量注入が可能であり、痛みのない次世代型の医療用DDSとしての応用開発が進められている。

 同社が、光学設計・実装技術と高速電気信号処理技術をコア技術として、2016年より千葉大学および北海道大学により開発された光渦レーザー加工技術におけるマイクロニードル作製に関する基本特許の独占的実施権許諾にもとづく技術移転を受け、世界ではじめて開発した。

 同社は、シミックCMO、日本コルマー、ミサワ医科工業と共同研究契約を締結し、同助成事業により、ホローマイクロニードルにて投与する薬剤の選定および性能評価(前臨床試験・安定性試験等)、ホローマイクロニードル形成用シートおよびシートを用いた新規インジェクタ・キャップ構造開発などを行う。

 投薬時の痛みを回避し、投薬中の中断や投薬量の簡便な調節を可能とする次世代型DDSの実現を目指す。
シンクランド
[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶