【全国生活習慣病予防月間2019】「少酒」川柳を募集中!(賞金5万円)
~ 都道府県対抗「少酒47」選手権! ~

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」、今回のテーマは、健康標語である「一無、二少、三多」の"少酒(お酒は適量、飲みすぎ注意)"にフォーカスし、啓発活動を行います。

 恒例となりました川柳(5・7・5)形式のスローガン募集を今年も実施いたします。皆さまからのご応募お待ちしております!

 送別会に歓迎会、お花見など、おめでたい席や大切な席には欠かせないお酒。日常でも仕事終わりの一杯や晩酌が習慣にしている方も多いと思います。

 「百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそおこれ」という言葉もあるとおり、アルコールは少量であれば良薬ですが、飲み過ぎると、さまざまな臓器に悪影響を及ぼし生活習慣病が誘発される可能性が指摘されています。

 お酒はできるだけ控えるようにして、飲む場合でも日ごろの飲酒を適量に保ち、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

 今回の予防月間では、健康に毎日を過ごすために「アルコールとの上手な付き合い方」について考え、「少酒」を意識するきっかけとなるような啓発をいたします。

都道府県対抗「少酒47」選手権!
"少酒川柳"(お酒は適量、飲みすぎ注意)募集します!

 毎年恒例となりました川柳(5・7・5)形式のスローガン募集を今年も実施いたします。テーマは"少酒"(お酒は適量、飲みすぎ注意)

「少酒(お酒は適量、飲みすぎ注意)」を伝えるために、自身のエピソード、飲み過ぎの方への効果的な一言などご自身の思いやアイデアを川柳形式(5・7・5)でご応募ください。

 最優秀賞作品は、生活習慣病予防月間スローガンとして採用します。今年は都道府県別にナイスな川柳をピックアップして紹介する企画も実施予定です。全国各地から皆さまのご応募をお待ちしております!

 少酒スローガン(5・7・5) 応募要項
  • 応募資格:どなたでも
  • 作品の規定:川柳形式(5・7・5)、お1人様につき各5作品まで。
    ※重複応募は無効となります、応募規約 を必ずご確認の上、ご応募ください。
  • 応募作品数:お1人様5作品まで
  • 入賞:最優秀賞1名(5万円)、優秀賞3名(5000円ギフトカード)、佳作5名(1000円ギフトカード)を贈呈!
  • 応募締切:2018年10月21日(日)まで。

過去入賞作品例:
・少酒にて 延びる寿命と 減るメタボ(栃木県・自営業・あじさい恵子)
・健康は 少酒で菜食 よく歩け(愛媛県・農業・カール)
・肝臓に させてはならぬ 肝試し(熊本県・会社員・チョコバンク) 
・アルコール 限度を超えると ナースコール(神奈川県・会社員・あっつん)
2012年「少酒」川柳入賞作品をもっと見る

 その他、応募について

■メール・郵送での応募も可能です

【応募専用メールアドレス】

【郵送先住所】〒105-0003 東京都港区西新橋2‐8‐11-8F (創新社内)
日本生活習慣病予防協会事務局

【必要事項】
  1. 氏名(フリガナ)
  2. 公開用のお名前(ペンネーム)
  3. 性別
  4. 年齢
  5. メールアドレス
  6. 電話番号
  7. 職業
  8. 作品へのコメント(任意)

    ■選 考:全国生活習慣病予防月間実行委員会(医師、メディア関係者)

    ■入賞作品の発表:

    川柳(スローガン)は2018年12月頃予定。採用者に通知するほか、当協会ホームページほか関連サイトで受賞発表。

    ■注意事項:
    ・応募作品は未発表で自作のものに限ります。
    ・応募いただいた作品の版権は主催者に帰属するものといたします。
    ・作品は、ポスターなどに使用するほか、予防月間で行う事業や、関連サイト・SNS、主催者が必要と認めたものに活用させていただきます。応募者情報として、ペンネーム、住所(都道府県のみ)、年齢、職業を公開します。
    ・応募者の個人情報は、主催者にて厳重に管理し、採用審査・当選者への連絡用途に限り使用することとし、正当な理由のない第三者への開示や、譲渡および貸与等は一切いたしません。

    ≫応募ルールは応募規約 も必ずご確認ください。

  • 主 催:日本生活習慣病予防協会
  • お問い合わせ:

    一般社団法人 日本生活習慣病予防協会事務局

[dm-rg.net]

関連ニュース

2019年04月04日
「糖尿病標準診療マニュアル」第15版(一般診療所・クリニック向け)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2019年04月04日
受動喫煙がCKDの発症を増やす 週に3日未満でもリスクは1.44倍に上昇
2019年04月04日
腎機能障害が2型糖尿病リスクを上昇させる 腎疾患と糖尿病の相互関係を解明
2019年04月04日
性腺機能低下症へのテストステロン療法は2型糖尿病予防に有用か
2019年03月28日
慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所
2019年03月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する効能・効果の追加承認を日本で取得
2019年03月28日
肥満による基礎代謝低下の分子メカニズムを解明 肥満や2型糖尿病、脂肪肝の新たな治療法の開発へ 広島大学
2019年03月28日
京都大学などが「薬剤師教育プログラム」の開発へ 糖尿病患者の病態改善に薬剤師が積極的に関与
2019年03月28日
妊娠糖尿病女性は産後の心血管イベントリスクが高い
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶