「トレシーバ」のリアルワールドエビデンス試験 血糖コントロール改善と低血糖発現率の低下 第78回米国糖尿病学会

第78回米国糖尿病学会(ADA2018)
 持効型溶解インスリン製剤「トレシーバ」(一般名:インスリンデグルデク)が、リアルワールドエビデンス試験において、インスリングラルギンU300と比較して、優れた血糖コントロールおよび低血糖の発現率の有意な低下を示したとの報告が、第78回米国糖尿病学会(ADA2018)で発表された。
 「トレシーバ」の投与を受けた成人2型糖尿病患者では、基礎インスリン製剤開始後に有意なHbA1c低下と低血糖エピソードの発現率が、対象と比較して30%低かったことが示された。
2型糖尿病患者4,056人が対象のリアルワールドエビデンス試験
 「トレシーバ」(インスリンデグルデクU100およびU200製剤)の効果をインスリングラルギンU300と比較した大規模なリアルワールドエビデンス(RWE)試験である「CONFIRM」試験の所見が、第78回米国糖尿病学会(ADA2018)において発表された。

 「CONFIRM」試験は、米国のインスリン治療歴のない(指標日前365日以上にわたり基礎インスリン製剤を使用したエビデンスがないと定義)成人2型糖尿病患者4,056人を対象として、「トレシーバ」とインスリングラルギンU300とを調査した後ろ向き非介入効果比較試験。両群の規模は等しく(n=2,028)、各群のベースラインにおける患者背景をマッチングし、ほぼ同等になるようにした。

 患者はひとつ以上の経口糖尿病薬あるいはGLP-1受容体作動薬を投与してもコントロール不良で、現地の医療慣行に従って「トレシーバ」またはインスリングラルギンU300を処方された。米国の複数の医療システムから電子医療記録を取得。主要評価項目は、処方から6ヵ月後時点におけるHbA1c(血糖コントロール)のベースラインからの変化量で、副次的評価項目は、低血糖の発現率、低血糖エピソードが1回以上発現した患者の割合、および治療中止の割合とした。
「トレシーバ」はHbA1c低下と低血糖発現率で優位という結果に
 その結果、「トレシーバ」投与6ヵ月後の患者は、インスリングラルギンU300の投与を受けた患者と比較して有意なHbA1cの低下が示された(それぞれ、-1.5% 対 -1.2%、p=0.029)。

 副次的評価項目として、「トレシーバ」投与によりインスリングラルギンU300と比較して低血糖エピソードの発現率が30%低かったことが示された(p=0.045)。この試験では、軽度から重度の低血糖イベントを医師の診断に従い国際疾病分類(ICD-9/10)を用いて記録した。

 また、このRWE試験では別の副次的評価項目として、「トレシーバ」の投与を受けた患者では、治療を継続する割合が高いことが示された。インスリングラルギンU300の投与を受けた患者では、2年後に治療を中止している割合が37%高かった(p<0.001)。
リアルワールド試験には限界がある
 ノボ ノルディスクによると、他の全てのリアルワールド試験と同様に、「CONFIRM」試験は無作為なものでなく、RWEの限界がある。つまり、報告されている低血糖の発現件数は実際よりも少ない可能性がある。また、本試験のフォローアップは3ヵ月から6ヵ月で、HbA1cがもっとも変化する傾向にある期間に相当するが、短期間だ。

 加えて、CONFIRM試験では、基礎インスリン製剤の「処方」に基づくエビデンスであり、「実際に薬局で受け取られたか」など実際に治療薬が使用されたかどうかについてのエビデンスはないという。

 なお、インスリンデグルデクU200製剤は、日本では承認されていない。

ノボ ノルディスク ファーマ
[Terahata]

関連ニュース

2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 ファイザー
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など
2019年02月08日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 75歳以上の後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析
2019年02月08日
「HbA1c」を直接に酸化できる酵素を創製 シンプルで短時間の測定が可能に

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶