トレーニング機器「コアトレチェア」を用いた運動 糖尿病の運動療法として有用である可能性

第61回日本糖尿病学会年次学術集会
 座ってバランスをとるだけで体幹トレーニングができる「コアトレチェア」を用いた運動(コアトレ運動)は、糖代謝に歩行と同等の急性効果を及ぼすことが示された。「コアトレ運動」は、糖尿病の運動療法として有用であることが示唆された。
コアトレ運動30分は歩行30分とほぼ同等の運動効果
 糖尿病の運動療法として、有酸素運動やレジスタンストレーニングが有用だが、運動に対する抵抗感や、整形外科学的疾患などにより運動を継続するのが難しい症例は少なくない。近年、この課題に取り組む運動機器が開発されている。

 パナソニックの「コアトレチェア」は、体幹を効果的に鍛えることを目的の開発されたフィットネスマシン。同社は、乗馬フィットネス機器「ジョーバ」(現在は生産終了)を手がけており、「コアトレチェア」はジョーバをベースに、よりトレーニング力を向上させ、使いやすいものへと進化したもの。

 チェア型の本体にモータやエアバッグなどを搭載し、座ってバランスをとるだけで体幹を効果的に鍛えられる。パナソニックは「コアトレチェア」(EU-JC70)を2017年2月に発売した。

 研究は、愛知学院大学心身科学部健康栄養学科の宇野智子教授、愛知みずほ大学の佐藤祐造氏教授などによるもので、第61回日本糖尿病学会年次学術集会で発表された。

 他動式体幹運動機器(コアトレチェア)を用いた運動が糖代謝に及ぼす急性効果についての検討を目的に、グルコースクランプ法にて検証された。

 対象となったのは健常者6名(年齢22±1歳、BMI20.8±2.5)。グルコースクランプ法を安静、コアトレ運動、回復で各30分間実施し、グルコース注入量(GIR)を求めた。また、トレッドミル運動(70m/分)を実施しGIRを比較した。GIRの比較は対応のあるT検定で行った。

 その結果、GIR(mg/kg/min)は安静5.8±1.7、コアトレ運動8.7±1.8へ増大し(P<0.01)、回復6.7±1.8と言う結果となった。対照となったトレッドミルでは、安静5.8±1.5、歩行8.9±2.0へと増大し(P<0.01)、回復7.0±1.6だった。

 コアトレ運動30分は歩行30分とほぼ同等の運動効果であることが示された。コアトレ運動では坐位において深層筋の他動的運動負荷を行うことにより、深層筋の筋収縮が誘発され、これによって、筋におけるエネルギー需要が高まり、糖代謝の亢進がもたらされたと推察される。

 「コアトレ運動は、糖尿病の運動療法として有用である可能性が示唆された」と、宇野氏は述べている。

コアトレチェア(パナソニック)
[Terahata]

関連ニュース

2019年01月18日
iPS細胞からインスリン産生細胞を作製 再生医療を目指すオープンイノベーション研究を開始 東京工業大・第一三共など
2019年01月18日
「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月17日
ADAが2019年版の糖尿病診療指針を発表 患者中心の医療を重視
2019年01月10日
肥満に対する新たな薬理学的アプローチを発見 骨から分泌されるGluOCが脂肪細胞の細胞死をコントロール
2019年01月10日
米国で2型糖尿病患者の7人に1人がSMBGをやり過ぎている
2019年01月09日
「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」を公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月09日
「サーキットトレーニング」が効果的な運動法に 2型糖尿病発症率を最大で40%低下 国立健康・栄養研究所とカーブスジャパンが共同研究
2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月28日
「劇症1型糖尿病」に関与する遺伝子を全ゲノム解析で世界ではじめて特定 日本糖尿病学会1型糖尿病委員会がオールジャパン体制で実施
2018年12月28日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶