テルモ、米国デクスコム社と提携 CGM(持続血糖測定器)の独占販売権を取得

 テルモは、米国デクスコム社(DexCom)と契約を締結し、同社の持続血糖測定器(CGM)の日本での独占販売権を取得したと発表した。2018年度に販売を開始し、数年間にわたり段階的に新製品を発売する予定。また、CGMとインスリンポンプ連動システムの開発でも提携を検討している。
CGMとインスリンポンプ連動システムも検討
 デクスコム社のCGMは、世界的に幅広く使用されており、特徴として、低血糖時と高血糖時にアラームで知らせる安全機構を備えているという。

 テルモは2018年度に、日本初となるチューブフリーのパッチ式インスリンポンプの発売も予定している。

 今回のデクスコム社との提携により、製品ラインアップを拡充し、今後も糖尿病患者のQOL向上に貢献する製品・サービスを提供するとしている。

 CGMは、持続血糖測定(Continuous Glucose Monitoring)または持続血糖測定器(Continuous Glucose Monitors)のことで、糖尿病患者さんの間質液(細胞周囲の液体)中のグルコース濃度を測定し、変化の傾向とパターンを示すシステム。

 血糖値を持続(連続)的に測定するCGMを使用することで、血糖値の変動傾向と水準が把握しやすくなり、低血糖リスクの低減が期待されるほか、治療方針の判断を補助することができる。

テルモ
[Terahata]

関連ニュース

2019年04月04日
「糖尿病標準診療マニュアル」第15版(一般診療所・クリニック向け)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2019年04月04日
受動喫煙がCKDの発症を増やす 週に3日未満でもリスクは1.44倍に上昇
2019年04月04日
腎機能障害が2型糖尿病リスクを上昇させる 腎疾患と糖尿病の相互関係を解明
2019年04月04日
性腺機能低下症へのテストステロン療法は2型糖尿病予防に有用か
2019年03月28日
慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所
2019年03月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する効能・効果の追加承認を日本で取得
2019年03月28日
肥満による基礎代謝低下の分子メカニズムを解明 肥満や2型糖尿病、脂肪肝の新たな治療法の開発へ 広島大学
2019年03月28日
京都大学などが「薬剤師教育プログラム」の開発へ 糖尿病患者の病態改善に薬剤師が積極的に関与
2019年03月28日
妊娠糖尿病女性は産後の心血管イベントリスクが高い
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶