1型糖尿病市場は2026年までに4,300億円に拡大 インスリンのバイオシミラーへの切り替えやインスリンポンプの普及がポイントに

 1型糖尿病の日本を含む主要7ヵ国の医薬品市場の規模は、2026年までに4,300億円(39億ドル)規模まで拡大するという予想が発表された。
薬剤併用が増え「人工膵臓」の実用化も視野に入ってきた
 1型糖尿病の主要7ヵ国(米国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、日本)の医薬品市場は、2026年までに4,300億円(39億ドル)規模まで拡大するとという予測を、コンサルティング会社のディシジョン・リソーシズ・グループ日本支店が公表した。

 1型糖尿病の治療では、高額の医薬品が使われるようになり、薬剤併用が増えている。新規の薬剤は既存薬からシェアを奪うと予測している。1型糖尿病の罹患数そのものも世界的に上昇している。

 この数年の変動として、新規超速効型インスリンアスパルト製剤「Fiasp」の上市や、インスリン製剤のバイオシミラーの品目が増え、SGLT2阻害薬クラスの1型糖尿病への承認などがある。

 「ランタス」「ノボログ」「ヒューマログ」などはバイオシミラーに代替され、ノボ ノルディスクの新しい超即効型インスリン「Fiasp」が既存品と入れ替わる可能性がある。これらの薬剤クラスは後期治療ラインで使用されるが、2026年までに相当な市場シェアを握ると予測している。

 1型糖尿病のアンメットニーズとして、血糖変動が大きいこと、インスリン注射へのアドヒアランスの不良、一部の患者でインスリンへの反応が予測できないことなどが挙げられる。

 解決策のひとつであるインスリンポンプは2026年まで進歩を続ける。1型糖尿病の成人と小児のインスリンポンプの使用は米国が顕著に多いが、今後は日本など他の国にも広がる可能性がある。そうなると、超速効型インスリン製剤の使用が促進された結果、持効型溶解インスリン製剤の常用は減る。

 完全自動化された「人工膵臓」システムの実用化も視野に入っており、ポンプを使用する成人・小児の割合が増加すると見込まれている。

 医療の進歩の恩恵を受け、1型糖尿病患者の寿命は主要国で延びており、生涯におよぶ外因性インスリン注射治療、1型糖尿病に対するSGLT2阻害薬の上市による薬剤併用の増加なども、1型糖尿病市場を押し上げる要因となる。

 インスリンは引き続き1型糖尿病の治療で不可欠で、SGLT2阻害薬は治療の補助的な役割を担うにとどまるが、一定のニーズはあると予測されている。

ディシジョン・リソーシズ・グループ
[Terahata]

関連ニュース

2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 ファイザー
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など
2019年02月08日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 75歳以上の後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析
2019年02月08日
「HbA1c」を直接に酸化できる酵素を創製 シンプルで短時間の測定が可能に

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶