【2/7 市民公開講演会参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2018

 毎年2月の「全国生活習慣病予防月間」、今回は、健康標語である一無、二少、三多の"少食(腹八分目)"にフォーカスし、啓発活動を行います。メインイベントとなる市民公開講演会は、2月7日(水)・日比谷コンベンションホールにて開催!医療・保健指導従事者の方、一般の方、皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加ください。

 一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・池田義雄)が主催する全国生活習慣病予防月間は、生活習慣病予防に対する国民の意識向上と、これによる健康寿命の伸長を目指すべく2011年よりスタートしました。月間では毎年2月の1カ月間、行政、自治体、関連団体、産業界やメディアなどを通じて集中的に情報発信を行っており、恒例行事として定着しています。

 スローガン(川柳)やイラストの募集、instagramキャンペーン、ポスター・リーフレットの無料公開、全国の自治体、関連団体・企業等との連携活動とともに、メインイベントとなる市民公開講演会を開催いたします。

 市民公開講演会2018「食生活と生活習慣病・がん予防」では、小西敏郎先生(東京医療保健大学副学長、医療栄養学科長)にお話いただきます。医療・保健指導従事者の方、一般の方、皆さまお誘い合わせの上、参加登録をお待ちしています!

全国生活習慣病予防月間 2018 市民公開講演会
「食生活と生活習慣病・がん予防」

  • 日 時:2018年2月7日(水)13:30~15:45
  • 場 所日比谷コンベンションホール
    (千代田区日比谷公園1-4 千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)
  • 対 象:一般生活者(100名)ならびに、医療・保健指導スタッフ(100名)
  • 参加費:無料
  • 参加申込
  • プログラム
    ◆導入講話「生活習慣病予防と食生活」
    演者:蒲池桂子先生(女子栄養大学教授)
    ◆講演1)「高血圧の怖さと少食、少塩のすすめ(仮)」
    演者:猿田享男先生(慶應義塾大学名誉教授)
    座長:細谷龍男先生(東京慈恵会医科大学名誉教授)
    ◆講演2)「食生活とがん予防・治療 ~2度のがん罹患体験をふまえて~」
    演者:小西敏郎先生(東京医療保健大学副学長、医療栄養学科長)
    座長:桑野博行先生(群馬大学大学院総合外科学教授)
    ◆総合討論:
    各講演の演者および座長
    座長:池田義雄先生(タニタ体重科学研究所名誉所長、元東京慈恵会医科大学教授)
    演者:登壇者全員
  • 主 催
    一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
  • 共 催
    公益財団法人がん集学的治療研究財団
    認定NPO法人 セルフメディケーション推進協議会
  • 後 援
    厚生労働省、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、健康日本21推進全国連絡協議会、糖尿病治療研究会、一般社団法人日本産業保健師会、読売新聞社 ほか
関連情報
[dm-rg.net]

関連ニュース

2018年01月30日
「汎用型高強度インターバル運動」で脳を活性化 認知症予防のための運動処方の開発を加速
2018年01月30日
「患者中心」の治療が医療費を減少 「個別化した治療」で患者1人150万円の削減
2018年01月30日
「におい物質」経口投与で血糖値改善 高血糖時のみにインスリン分泌を促進
2018年01月29日
「海外の医学誌から」糖尿病関連論文をピックアップ
2018年01月24日
1月23日は「一無、二少、三多の日」。2月の「全国生活習慣病予防月間2018」がスタートします!
2018年01月18日
太るとなぜ糖尿病になるのか? 肝臓の糖取り込み機能をコントロールする分子「Sirt2」を特定 金沢大
2018年01月16日
SGLT2阻害薬「イプラグリフロジン」 日本で1型糖尿病の適応を追加申請
2018年01月16日
増殖糖尿病網膜症に対する「エミクススタト」の第2相試験 VEGF濃度の軽度改善
2018年01月11日
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開
2018年01月11日
重症低血糖に対するdasiglucagonは忍容性良好

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶