DPP-4阻害薬「スイニー錠」とメトホルミンの配合剤 2型糖尿病の適応で承認申請 三和化学

 三和化学研究所は、選択的DPP-4阻害薬「スイニー錠」(一般名:アナグリプチン)とメトホルミン塩酸塩の配合剤について、2型糖尿病を適応症として厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。
服薬アドヒアランスが向上、良好な血糖コントロールに期待
 同社が創製したスイニーは、GLP-1およびGIPの分解酵素であるDPP-4を選択的に阻害することで、GLP-1とGIPの両方の作用を増強し、これらのホルモンの血糖依存的なインスリン分泌促進作用、グルカゴン分泌抑制作用等によって血糖降下作用を発揮する薬剤。一方のメトホルミンは、ビグアナイド系の薬剤であり、肝臓での糖新生抑制、末梢組織での糖取り込み促進等のさまざまな膵外作用により血糖を低下させる。

 申請に際して実施した臨床試験では、スイニーまたはメトホルミンいずれかの単独投与による治療で十分な効果が得られない2型糖尿病患者において、両剤併用の有効性および安全性が確認されたという。

 スイニーとメトホルミンの配合剤は、それぞれの異なる作用機序を併せ持つ薬剤であり、2種類の薬剤を1剤にすることで、患者の服薬負担を軽減し、服薬アドヒアランスを向上して、より良好な血糖コントロールを得られることが期待されるとしている。

三和化学研究所
[Terahata]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶