2型糖尿病患者のインスリン治療へのSU薬、メトホルミンの上乗せ効果は? [HealthDay News]

 インスリンの単独投与で十分な血糖コントロールが得られない2型糖尿病患者に対し、スルホニル尿素(SU)薬やメトホルミンを上乗せ投与するとHbA1c値は約1%低下するが、SU薬の上乗せ投与は低血糖イベントの増加につながることが「Journal of the American Medical Association(JAMA)」10月17日オンライン版のClinical Evidence Synopsis(臨床エビデンス概要)に報告された。

 ユトレヒト大学医療センター(オランダ)のRimke C. Vos氏とGuy E.H.M. Rutten氏は、インスリン単独投与では血糖コントロールが十分に得られない2型糖尿病患者を対象に、経口血糖降下薬の上乗せ効果を検討した複数の研究のレビューを要約した。

 その結果、インスリンにSU薬を上乗せ投与するとインスリン単独投与と比べて低血糖イベントの増加と関連した一方で、メトホルミンの追加投与と低血糖イベントとの関連はみられないことが分かった。また、インスリンにSU薬またはメトホルミンを上乗せ投与するとHbA1c値が約1%低下することも明らかにされた。

 これらの結果を踏まえ、両氏は「今後のランダム化比較試験では、インスリン治療への経口血糖降下薬の上乗せ投与による糖尿病関連の合併症や死亡、全死亡、QOLといった転帰への影響を検討する必要がある」と述べている。なお、両氏は製薬企業との利益相反(COI)に関する情報を開示している。

関連情報

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶