【新連載】「糖尿病デバイス革命」を公開 第1回は皮下埋め込み型光学式CGM「Eversense」

糖尿病デバイス革命
スマートフォンの普及に象徴されるように、社会のデジタル化は私たちの生活を一変させました。その波は医療の世界にも確実に押し寄せてきており、代表的な領域の一つが、糖尿病治療用デバイスです。本連載コラムでは、独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 糖尿病センターの村田 敬先生に、最新の糖尿病関連デバイスについて海外情報を中心にご紹介いただきます(不定期更新予定)。「糖尿病デバイス革命」(糖尿病情報スクランブル) ▶

糖尿病デバイス革命
1. 皮下埋め込み型光学式CGM「Eversense」(本文より)

村田 敬 先生
独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 糖尿病センター

 近年、糖尿病の検査や治療に用いる医療機器は急速な進歩を遂げつつあり、今後、糖尿病の治療が激変していく可能性がある。
 そこで本連載では、海外での学会等で展示・発表されたものを中心に、最新の糖尿病デバイスにつき情報提供していく。

 今回、紹介するのは米国Sensonic社が開発した皮下埋め込み型光学式CGM(continuous glucose monitoring:持続血糖測定器)であるEversenseである(文献1)。これまでに実用化されてきたCGMのほとんどは、グルコース(ブドウ糖)を分解する酵素を電極に固定した酵素電極を皮膚の表面から刺して皮下組織の間質液のグルコース濃度を測定し、その結果をおおよその血糖値に換算して表示するものである。一方、このEversenseは長さ16mm、直径3mmの小さなカプセル状のセンサーを皮下に埋め込み、電波により間質液のグルコース濃度測定結果を体の表面に装着したトランスミッターへ送信する (文献2)。

 このCGMがこれまでの機種と大きく異なるのは、酵素電極ではなく、グルコースと反応してシグナルを発する蛍光物質を使用している光学式CGMである点である。すなわち、間質液中のグルコース濃度が上昇すると、それに応じて蛍光物質から発せられるシグナルの強度が高まり、それを検出器で測定することにより間質液中のグルコース濃度を測定する仕組みになっている。

記事全文はこちら ▶

著者について

村田 敬(むらた たかし) 先生
独立行政法人 国立病院機構 京都医療センター・糖尿病センター

1993年、東京大学医学部医学科卒業後、1999年より2003年までカロリンスカ研究所医学栄養学部(スウェーデン)留学などを経て、2006年より現職。専門領域はインスリンポンプ、CGMなどを用いた糖尿病のデバイス治療。主な著書に『この1冊でカーボカウント・インスリンポンプ・CGMがわかる! 糖尿病3Cワークブック 改訂第2版』(中山書店)、『通じる力』医師のためのコミュニケーションスキル入門』(金芳堂)などがある

[dm-rg.net]

関連ニュース

2018年01月30日
「汎用型高強度インターバル運動」で脳を活性化 認知症予防のための運動処方の開発を加速
2018年01月30日
「患者中心」の治療が医療費を減少 「個別化した治療」で患者1人150万円の削減
2018年01月30日
「におい物質」経口投与で血糖値改善 高血糖時のみにインスリン分泌を促進
2018年01月29日
「海外の医学誌から」糖尿病関連論文をピックアップ
2018年01月24日
1月23日は「一無、二少、三多の日」。2月の「全国生活習慣病予防月間2018」がスタートします!
2018年01月18日
太るとなぜ糖尿病になるのか? 肝臓の糖取り込み機能をコントロールする分子「Sirt2」を特定 金沢大
2018年01月16日
SGLT2阻害薬「イプラグリフロジン」 日本で1型糖尿病の適応を追加申請
2018年01月16日
増殖糖尿病網膜症に対する「エミクススタト」の第2相試験 VEGF濃度の軽度改善
2018年01月11日
糖尿病3分間ラーニング、いま話題の〈血糖トレンド編〉公開
2018年01月11日
重症低血糖に対するdasiglucagonは忍容性良好

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶