「一生続く不安と、どう向き合えばいいのか」 インスリンとの歩き方

1型糖尿病患者の遠藤伸司さんによる連載「インスリンとの歩き方」は、第20回「一生続く不安と、どう向き合えばいいのか」を公開しました。連載「インスリンとの歩き方」へ ▶

連載「インスリンとの歩き方」

 執筆者の遠藤さんは、中学生の頃に1型糖尿病を発症。以来、約30年間の療養生活の中で、留学や進学、就職、そして転職、プライベートまで幅広い経験を積み、なにかと無理をすることもあったようです。

 連載では、そんな遠藤さんの半生を、糖尿病と上手につきあうためのコツやノウハウを中心に、実体験のエピソードを交えて語っていただきます。1型糖尿病患者さんをはじめ、2型糖尿病患者さん、糖尿病医療に携わる方々は、ぜひご一読ください。

インスリンとの歩き方/執筆者プロフィールへ ▶

第20回 一生続く不安と、どう向き合えばいいのか(本文より)

 「つまりね、1型糖尿病である、あなたの人生は、健常者の人生に比べると不安がひとつ多いのよ」

 恵比寿の飲み屋で酒を飲みながら、「彼女」ではない友人の女の子が僕に言った。気の強い子で、その日はその子の引越しを手伝わされた。駅から徒歩3分の3LDK、壁紙の白い部屋で、ブラウン管の巨大なテレビを設置したり重い家具を運んだり、と散々こき使われた。

 そのお返しに、その子のおごりで、僕らは食事をしていた。僕は車で来ていたので、向こうだけが酒を飲んでいた。

 「僕の人生を要約すれば、確かにそうかもしれない。ただね、その糖尿病の不安が、また別の不安、たとえば合併症への不安や寿命への不安も生むから、僕はいつも不安だらけなんだよな...」

 率直にネガティブな意見を返してみたが、彼女の反応はなかった。まあ、いいや。僕はうまそうな赤身の鮪をしょうゆにつけて、ペロリと食べた。僕の横では、無表情の彼女がぐいっと日本酒を飲んだ。

 僕は、もう一度、彼女にくらいつく。

 「じゃあ、君の言うひとつ多い不安と闘うために、僕はどうしたらいい?」

続きはこちら...
第20回 一生続く不安と、どう向き合えばいいのか ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年10月11日
「一生続く不安と、どう向き合えばいいのか」 インスリンとの歩き方
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月03日
糖尿病患者での「エボロクマブ」の安全性・有効性 LDL-C値が低下し心血管イベントが減少 FOURIER試験
2017年10月02日
【患者さん向け】「糖をはかる日」クッキングセミナー2017 参加者募集開始!!
2017年09月28日
今年は食後高血糖(血糖値スパイク)「糖をはかる日」講演会開催間近!!
2017年09月26日
糖尿病合併症のバイオマーカー:GAの臨床的意義
2017年09月25日
急性心腎症候群の管理 ~虚血ストレスマーカー L-FABPの可能性~
2017年09月22日
SGLT1/2阻害薬が1型糖尿病治療に有望な可能性 インスリンへの上乗せで血糖コントロールが改善
2017年09月15日
SGLT2阻害薬「ダパグリフロジン」の1型糖尿病患者を対象とした第3相試験の結果

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶