【患者さん向け】「糖をはかる日」クッキングセミナー2017 参加者募集開始!!

「10月8日は、糖をはかる日」では、"血糖"に関するさまざまな啓発活動を行っています。その一環として、10月29日(日)に、普段、血糖測定をしている糖尿病患者さん限定のクッキングセミナーを開催いたします!!
参加無料・昼食付きで、血糖値に配慮した食事のコツを学べるセミナーです。講師は、さまざまな媒体で人気の國枝加誉先生、金子あきこ先生です。定員20名、応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。皆さま、ぜひふるってお申込みください!!

「糖をはかる日」クッキングセミナー2017
―美味しく楽しく血糖値に気を付ける!!食事のコツ―


昼食イメージ(実際のメニューとは異なります)

概 要

※昼食をご用意いたします
※セミナー会場では、ウェブサイト掲載のため撮影が行われる予定です。あらかじめご了承ください

  • 日 時:10月29日(日) 11~15時
  • 場 所:東京都中央区日本橋本町1-1-8 KDX新日本橋ビル3階 地図 ▶
  • 対 象: インスリン注射をしている糖尿病患者さん(1型、2型の別は問いません)で、血糖自己測定器(SMBG)、 FGM(リブレ)、SAP(CGM付きインスリンポンプ)のうち、いずれかの機器をお使いの方
    ※FGM、SAPの場合、患者さんご自身で数値を確認できるタイプのものに限らせていただきます
  • 定 員:20名(応募多数の場合は、抽選とさせていただきます)
  • 参加費:無料 ※交通費は自己負担でお願いいたします
  • 持ち物
    必 須:普段お使いのSMBG、FGM、SAP等の機器本体とセンサー(血糖自己測定を複数回行っていただきます)
    希望者のみ:普段お使いのごはん茶碗(普段の量と理想の量を会場で確認してみましょう)
  • 講 師
    國枝 加誉 先生
    國枝 加誉 先生
    管理栄養士。一般社団法人 日本健康食育協会、健康食育シニアマスター、管理栄養士、日本漢方養生学協会認定、漢方養生指導士(漢方スタイリスト)、元・大戸屋食育セミナー 認定講師、日本野菜ソムリエ協会 認定講師。國枝先生のHP「食ごと帳」▶
    金子 あきこ 先生
    金子 あきこ 先生
    管理栄養士、健康食育シニアマスター。節約美容料理研究家。公式ブログ「管理栄養士・節約美容料理研究家 金子あきこのキラキラレシピ」 ▶
  • プログラム

    ※講演タイトル・内容は予告なく変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください

    • 「美味しく楽しく血糖値に気を付ける!!食事のコツ」
      國枝加誉先生、金子あきこ先生
    • 試食前血糖測定
    • 昼 食 ※「通常食」、「血糖に配慮した食事」の2種をご用意しますが、どちらを召し上がっていた だくかは事務局にてあらかじめ指定させていただきます。ご了承ください
    • 食後血糖測定 ・クイズなど ・食後(2回目)血糖測定 ・質疑応答ほか
  • 参加申し込み方法:下記専用フォームからお申込みください

    お申込みフォームはこちら ▶

    ※募集締め切り:10月18日(水)まで
    ※応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。
    参加者の発表は「10月8日は、糖をはかる日」事務局からのメールをもって代えさせていただきます(10月20日(金)17:00までに順次、ご登録のメールアドレス宛に送信いたします)

  • 主 催Eatreat株式会社
  • 共 催「10月8日は、糖をはかる日」
  • 協 力アボットジャパン株式会社
  • 材料提供食ライフデザイン株式会社株式会社マルハチ村松
  • お問い合わせ

    「10月8日は、糖をはかる日」事務局
    〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11第7東洋海事ビル8階 株式会社 創新社内
    TEL:03-5521-2881 お問い合わせフォーム ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年12月22日
「ペンニードル® プラス 32G 4mm」への切り替え呼びかけ ノボ ノルディスク ファーマ
2017年12月22日
インスリンの働きを高める脳から骨格筋までの経路を解明 糖尿病の新たな治療法に
2017年12月15日
医療機関向け血糖測定器「メディセーフフィットプロII」を発売 テルモ
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月11日
DPP-4阻害薬による非炎症型「水疱性類天疱瘡」の86%が特定のHLA遺伝子を保有 糖尿病治療薬によるリスク因子を調査
2017年12月11日
【連載】糖尿病デバイス革命「予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプ 『MiniMed 640G』」を公開
2017年12月08日
「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成
2017年12月08日
トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制
2017年12月08日
週1回投与のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」が米国で承認
2017年11月28日
「BD マイクロファインプラス 32G × 6mm ペン型注入器用注射針」発売 マイクロファインプラスは4種類に 日本BD

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶