指導的立場にある医師がオリジナル論文を書いて,手本を示さなくては!『Medical Nutritionist of PEN Leaders』 [糖尿病の本]

Medical Nutritionist of PEN Leaders 2017年9月発行号

【最新号の主な内容】
〔巻頭言〕
指導的立場にある医師がオリジナル論文を書いて,手本を示さなくては!
〔原著〕
栄養スクリーニングツールS-NUSTの有用性に関する検討、胃瘻造設症例に対するアンケート調査―胃瘻は重症心身障碍児者のQOLを改善するか―、血管内留置カテーテル関連感染症の診断と治療に関する調査結果報告、末梢挿入式中心静脈カテーテル―PICCの使用実態に関する全国アンケート調査結果―、CVポートの使用実態に関する全国アンケート調査結果、経腸栄養管理システムの変更に対する看護師の意識調査、経腸栄養カテーテル閉塞予防対策としての「酢水」の効果に関する検討、1%重曹水を用いた経腸栄養チューブ閉塞防止対策の有用性に関する検討、0.2μm非対称膜フィルターのCandida albicans通過阻止能に関する実験的検討
〔症例報告〕
胸部食道癌術後空腸瘻チューブが自然逸脱した1症例、局所療法に栄養管理を併用したことで治癒した小児腸腰筋膿瘍の1例、経鼻胃管を胃瘻に変更することにより順調に経腸栄養から離脱して経口摂取へ移行しえた多臓器不全症例 〔話題〕第5回血管内留置カテーテル管理研究会(JAN-VIC)に参加して、第4回 栄養指導者協議会に参加して、CONUTの発音、患者自身が経鼻胃管を抜去した場合は,自己抜去?事故抜去?どちらの表現も適切ではないのでは? 
〔コラム〕
歴史:小越章平先生と成分栄養剤(ELENTALR)開発

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶