今年は食後高血糖(血糖値スパイク)「糖をはかる日」講演会開催間近!!

昨年、大変ご好評いただきました「10月8日は、『糖をはかる日』」講演会が今年も開催されます。糖尿病医療のエキスパートによる講演を聴くことができる貴重なチャンスです。今年はさらにたくさんの方にご参加いただけるようになりました。参加費は無料。一般の方、糖尿病患者さん、医療・保健指導スタッフの皆様、お誘いあわせの上、ふるってご参加ください!!
参加申し込みフォームはこちら ▶

 我が国で、血糖自己測定(SMBG)が健康保険適用されてから30周年にあたる昨年、「血糖を知る、はかる、コントロールする」をテーマに、「10月8日は、『糖をはかる日』」は制定されました。糖尿病患者さん、医療・保健指導関係者のみならず、糖尿病予備群を含む一般の方に対しても、改めて「血糖」について考える機会として、さまざまな啓発活動を実施しています。

参加申し込みフォームはこちら ▶

昨年開催の講演会レポート ▶

開催概要

「10月8日は、『糖をはかる日』」講演会
テーマ「食後高血糖(血糖値スパイク)への徹底対応」

  • 日 時:10月3日(火)19:00開演~21:00閉会(18:30開場)
    ※当日は報道関係者による撮影が行われる場合があります。予めご了承ください
  • 場 所日比谷コンベンションホール(大ホール)
    (千代田区日比谷公園1-4 千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)
    アクセス:
    東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
    都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
    東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
    JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分
  • 対 象:一般の方・糖尿病患者さん、医療・保健指導スタッフ
  • 定 員:一般の方・糖尿病患者さん(100名)、医療・保健指導スタッフ(100名) ※先着順受付。定員に達し次第、受付終了
  • 参加費:無料
  • 参加申込こちらのフォームからお申込みください ▶
  • プログラム

    テーマ「食後高血糖(血糖値スパイク)への徹底対応」

    ◆司会:
    阪本要一先生(東京慈恵会医科大学客員教授)
    ご挨拶
    糖尿病治療研究会代表幹事 森 豊 先生
    (東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)
    講演1)「食後高血糖を防ぐための食事、運動」
    勝川 史憲 先生(慶応義塾大学 スポーツ医学研究センター教授)
    講演2)「食後高血糖(血糖値スパイク)と薬物療法」
    田中 逸 先生(聖マリアンナ医科大学 代謝・内分泌内科教授)
    パネルディスカッション

    ※講演タイトル・内容は変更の可能性があります

  • 主 催
    糖尿病治療研究会(代表幹事・森 豊)
事務局・問合わせ先

「糖をはかる日」事務局 担当係(㈱創新社内)
〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11
Tel.03-5521-2881 Fax.03-5521-2883  お問い合わせフォーム ▶


「糖をはかる日」公式ウエブサイト
http://www.dm-net.co.jp/10-8/

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年12月22日
「ペンニードル® プラス 32G 4mm」への切り替え呼びかけ ノボ ノルディスク ファーマ
2017年12月22日
インスリンの働きを高める脳から骨格筋までの経路を解明 糖尿病の新たな治療法に
2017年12月15日
医療機関向け血糖測定器「メディセーフフィットプロII」を発売 テルモ
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月11日
DPP-4阻害薬による非炎症型「水疱性類天疱瘡」の86%が特定のHLA遺伝子を保有 糖尿病治療薬によるリスク因子を調査
2017年12月11日
【連載】糖尿病デバイス革命「予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプ 『MiniMed 640G』」を公開
2017年12月08日
「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成
2017年12月08日
トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制
2017年12月08日
週1回投与のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」が米国で承認
2017年11月28日
「BD マイクロファインプラス 32G × 6mm ペン型注入器用注射針」発売 マイクロファインプラスは4種類に 日本BD

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶