通常治療へのリラグルチド上乗せが糖尿病腎症の予防に有効 [HealthDay News]

 心血管リスクが高い2型糖尿病患者において、標準治療にGLP-1受容体作動薬のリラグルチドを追加投与すると糖尿病腎症の発症と進行を抑制できる可能性があると、フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン(ドイツ)の研究グループが発表した。詳細は「New England Journal of Medicine」8月31日号に掲載された。

 同大学のJohannes F. E. Mann氏らは今回、標準治療を受けている心血管リスクが高い2型糖尿病患者9,340人を対象に、標準治療にリラグルチドまたはプラセボを追加投与する群にランダムに割り付けて追跡したLEADER試験のデータを用いて、事前に規定されていた腎転帰への影響を解析した。腎転帰は、持続性の顕性アルブミン尿の新規発症、血清クレアチニン値の倍増の持続、末期腎疾患(ESRD)または腎疾患による死亡の複合とした。

 なお、同試験では標準治療へのリラグルチドの上乗せにより、非致死的心筋梗塞または非致死的脳卒中、心血管死の複合による一次エンドポイントの発生率が低下することが報告されている。

 中央値で3.84年の追跡の結果、腎転帰が発生した頻度はリラグルチド群ではプラセボ群に比べて有意に低いことが分かった(4,668人中268人対4,672人中337人、ハザード比0.78、P=0.003)。こうした結果は、リラグルチド群ではプラセボ群に比べて持続性顕性アルブミン尿の新規発症頻度が抑えられていたことに起因していた(161人対215人、ハザード比0.74、P=0.004)。また、急性腎障害を含む腎臓に関連した有害事象の発現率は両群間で差はみられなかった。

 以上の結果を踏まえて、Mann氏らは「LEADER試験で事前に規定された腎転帰の解析から、標準治療にリラグルチドを上乗せするとプラセボに比べて糖尿病腎症の発症と進行が抑えられることが分かった」と結論づけている。

 なお、本研究の一部は、リラグルチドを製造するNovo Nordisk社からの支援を受けて行われた。

関連情報

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶