20週間の運動療法で1型糖尿病患者の左室機能が改善する [HealthDay News]

 青年期の1型糖尿病患者では、高強度の運動療法を20週間行うと左室の有酸素運動能(aerobic capacity)と1回拍出量(stroke volume)が改善するとの研究結果が「Diabetes Care」7月18日オンライン版に掲載された。

 オークランド大学(ニュージーランド)のSilmara Gusso氏らは、平均年齢15.6歳の1型糖尿病患者53人を対象に、運動療法を20週間行う群(38人)と運動療法を行わない群(15人)に分け、さらに、糖尿病を持たない健康な若年者(平均年齢16.7歳)22人(対照群)にも1型糖尿病患者の運動療法群と同様の介入を実施し、運動療法が左室機能と血糖コントロールに及ぼす影響を調べた。

 その結果、運動療法を行った1型糖尿病患者群と対照群では有酸素運動能が10%、1回拍出量が6%改善したが、その改善度は対照群と比べて1型糖尿病患者群では小さかった。また、1型糖尿病患者における1回拍出量の改善には左室収縮性が高まったこと(駆出率が9%増加、左室収縮終期容積が11%減少)と左室充満圧が6%改善したことが大きく寄与していた。なお、運動療法によりインスリンの使用は最大で10%減少したが、血糖コントロール状況には変化はみられなかった。

 以上の結果を踏まえ、Gusso氏らは「青年期の1型糖尿病患者では、高強度運動を行うと左室機能障害は正常までには回復しないものの、ある程度は改善する可能性が示唆された。高齢の糖尿病患者において心不全を引き起こすと考えられている拡張機能障害が、こうした若年患者では一部でも改善できることは臨床上、重要な結果だと思われる」と述べている。

関連情報

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶