【急募】インタビュー取材にご協力いただけるインスリン療法患者様へ

 糖尿病の医療機器メーカーが下記のような実態調査を実施するにあたり、インタビュー取材にご協力いただけるインスリン療法中の患者様を募集することになりました。

 このたび、糖尿病や治療法に関する情報をどのような方法で収集しているか、どのような情報が求められているかについて、個別インタビューによる調査を行うことになりました。

 つきましては、8月21日(月)、8月22日(火)、8月25日(金)の3日間、都内で開催されるお1人様1時間のインタビュー取材にご協力いただけるインスリン頻回注射療法(MDI)またはインスリンポンプ療法(CSII/SAP)で治療中の成人患者様と患児の保護者様を募集いたします。

 下記の募集要項をご確認のうえ、お申込みフォームからご登録ください。後日、主催企業からの正式依頼書をお送りし、詳細をご案内いたします。ご登録の締切りは、8月11日(金)正午です。糖尿病医療機器のさらなる発展のために、ご協力いただけますようお願いいたします。

お申し込みはこちら ▶

「糖尿病デバイス認知度・ 使用実態調査」募集要項

糖尿病や治療法に関する情報をどのような方法で収集しているか、どのような情報が求められているかについて、個別インタビューによる調査を行います。

  • 日程:下記日程から、ご都合の良い日時をお知らせください
    2017年8月21日(月)夕方
    2017年8月22日(火)終日
    2017年8月25日(金)終日
  • 会場:東京都港区
  • 謝礼:1万円(交通費含む)
  • 調査方法:
    対面式・個別インタビュー(インタビュー実施中は主催企業社員が別室傍聴させていただきます。お子様もご同席いただけます。)
  • 目的:患者様の糖尿病デバイスに関する情報アクセシビリティについて理解を深め、サービスの開発に役立てること
  • 募集対象者:
    1)インスリン頻回注射法(MDI)またはインスリンポンプ療法(CSII/SAP)で治療中の成人患者様(20歳~60歳)
    2)インスリン頻回注射法(MDI)またはインスリンポンプ療法(CSII/SAP)で治療中の小児1型患児(1歳~12歳)様の保護者の方
  • 募集締切:8月11日(金)
  • 主催:医療機器メーカー
  • 募集に関するお問い合せ:糖尿病ネットワーク事務局

お申し込みはこちら ▶

お読みください
  • ご登録時に得た個人情報は糖尿病ネットワークが厳正に管理を行い、終了時には安全に破棄いたします。
  • 当該調査で得た情報は、本人様の同意なしに、調査以外の目的で使用することはありません。
  • 正式依頼の通知は8月14日(月)~18日(金)17:00までに順次、ご登録のメールアドレス宛にお送りいたします。
  • 本調査の募集要件に合わないと判断させていただいた場合、応募者多数の場合など、インタビューを催行しない方には、8月18日(金)17:00までにメールでご連絡いたします。
[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年12月11日
DPP-4阻害薬による非炎症型「水疱性類天疱瘡」の86%が特定のHLA遺伝子を保有 糖尿病治療薬によるリスク因子を調査
2017年12月11日
【連載】糖尿病デバイス革命「予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプ 『MiniMed 640G』」を公開
2017年12月08日
「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成
2017年12月08日
トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制
2017年12月08日
週1回投与のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」が米国で承認
2017年11月28日
「BD マイクロファインプラス 32G × 6mm ペン型注入器用注射針」発売 マイクロファインプラスは4種類に 日本BD
2017年11月27日
「ジャディアンス」が末梢動脈疾患を合併した成人2型糖尿病患者の心血管死リスクを減少
2017年11月27日
2型糖尿病患者の残薬に関する調査 残薬がある患者は「楽観的志向」や「治療あきらめ志向」が多い
2017年11月27日
増殖糖尿病網膜症に対する「エミクススタト塩酸塩」の臨床第2相試験 網膜の低酸素状態を抑制
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功に導く

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶