幹細胞エデュケーター療法が糖尿病治療に有望な可能性 [HealthDay News]

 幹細胞エデュケーター療法(stem cell educator therapy)は、1型糖尿病および2型糖尿病のいずれの治療にも安全かつ長期的な効果をもたらす可能性のあることが、「Stem Cells Translational Medicine」7月7日オンライン版に掲載の論文で報告された。

 米ハッケンサック大学医療センターのYong Zhao氏らは、幹細胞エデュケーター療法を行った中国の1型糖尿病患者9人と2型糖尿病患者21人を対象に4年間追跡し、膵β細胞機能などを評価した。なお、幹細胞エデュケーター療法とは、「学習させた」臍帯血幹細胞と患者自身の免疫細胞を患者に移植する治療法を指す。

 まず、1型糖尿病患者に関しては、診断後5カ月および8カ月の時点で幹細胞エデュケーター療法を行った2人の患者では、単回治療から4年が経過した後も膵β細胞からC-ペプチドが正常に産生され、インスリン治療を必要としない状態を維持していた。また、診断後4年の時点で幹細胞エデュケーター療法を行ったある患者では、単回治療後には空腹時のC-ペプチド濃度に改善がみられたが、寛解には至らなかった。さらに、残りの6人の患者では空腹時C-ペプチド濃度の経時的な低下がみられた。

 また、2型糖尿病に関しては、罹病歴が15~24年に及ぶ患者6人について調べたところ、対象患者のうち4人は、単回の幹細胞エデュケーター療法から1年後に空腹時C-ペプチド濃度が正常化し、4年後もこの濃度が維持されていることが分かった。Zhao氏は、HealthDayの取材に応じ「この4人の2型糖尿病患者では、たった1回の治療でもC-ペプチド濃度は非常に安定している」と話している。

 同氏は「幹細胞エデュケーター療法は、膵β細胞機能に長期的な改善をもたらす安全性の高い治療選択肢となる可能性がある」と述べ、糖尿病以外にも円形脱毛症や全身性エリテマトーデス(SLE)、橋本病、シェーグレン症候群といった自己免疫疾患の治療への応用も考えられるとしている。

関連情報

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶