【申込受付中】東京糖尿病療養指導士(東京CDE)「受験者用講習会」

 増加する糖尿病患者とその予備群に対応するため、本年3月に発足した東京糖尿病療養指導士認定機構は、12月に行われる東京糖尿病療養指導士(東京CDE)と東京糖尿病療養支援士(東京CDS)のための認定試験の受験条件となる「受験者用講習会」の申し込みを受け付けている。

 受験者用講習会は、東京糖尿病療養指導士(東京CDE)のために2会場・日程(研修は1日半)、東京糖尿病療養支援士(東京CDS)のために1会場・日程(研修は1日半)が準備されており、受付開始後3週間ですでに約半数が埋まっている。

 受付は会場ごとに先着順で受け付け、受験資格の審査を行っており、該当する会場が満席になり次第、別の会場にて受講するか、来年度以降の受験となる。

 受験をお考えの方は、お早めにお申し込みください。

お申し込みはこちら ▶

この件に対するお問い合わせはこちら:
東京糖尿病療養指導士認定機構

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年07月24日
高齢患者さんの糖尿病診療、その特徴と注意点をわかりやすく解説
2017年07月20日
【申込受付中】東京糖尿病療養指導士(東京CDE)「受験者用講習会」
2017年07月19日
糖尿病性腎症の重症化予防 厚労省「重症化予防(国保・後期広域)ワーキンググループ」が報告書を公表
2017年07月19日
SGLT2阻害薬「ジャディアンス」 15件の試験と4つの延長試験のプール解析結果
2017年07月07日
第77回米国糖尿病学会(ADA2017)ハイライト 米国の糖尿病医療の最前線
2017年07月07日
DPP-4阻害剤テネリアとSGLT2阻害剤カナグルの配合剤 「カナリア配合錠」が国内初承認
2017年06月30日
SGLT2阻害薬が心血管疾患を減少 心保護作用は同系薬の「クラス効果」か CVD-REAL試験
2017年06月26日
FGM(フラッシュグルコースモニタリング)が切り拓く糖尿病治療の新時代 糖尿病学会イブニングセミナーレポート
2017年06月23日
GLP-1受容体作動薬の最新動向 週1回投与のGLP-1受容体作動薬「セマグルチド」の最新知見
2017年06月23日
「ビクトーザ」が2型糖尿病患者の心血管リスクを低下 LEADER試験の新たな解析結果

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶