「糖尿病とカンセン」 1型糖尿病患者さんの連載、第18回を公開

1型糖尿病患者の遠藤伸司さんによる連載「インスリンとの歩き方」は、第18回「糖尿病とカンセン」を公開しました。連載「インスリンとの歩き方」へ ▶

連載「インスリンとの歩き方」

 執筆者の遠藤さんは、中学生の頃に1型糖尿病を発症。以来、約30年間の療養生活の中で、留学や進学、就職、そして転職、プライベートまで幅広い経験を積み、なにかと無理をすることもあったようです。

 連載では、そんな遠藤さんの半生を、糖尿病と上手につきあうためのコツやノウハウを中心に、実体験のエピソードを交えて語っていただきます。1型糖尿病患者さんをはじめ、2型糖尿病患者さん、糖尿病医療に携わる方々は、ぜひご一読ください。

インスリンとの歩き方/執筆者プロフィールへ ▶

第18回 糖尿病とカンセン(本文より)

 その日の体調は、だいたい朝起きたときにわかるものだ。カゼを引いたときは、家中の埃を全部吸って吐き出すような乾いた咳がゴホゴホとでるし、熱があれば体はだるい。

 そういうときには、すぐに会社を休んだ。持病をあらかじめ申告して就職した会社だったので、突然の休みでも

「1日、ゆっくり休んでいなさい」と上司は了承してくれた。

 ただ、僕の主な仕事は車のセールスだから、車を買いそうなお客さんとの面談がある場合には、カゼでもシックディでも、いやたとえ高熱を出したとしても出社はした。そして、悲しいことにカゼをひいているとインスリンを打てども打てども、僕の血糖値は200mg/dLを切ることがなかった。

続きはこちら...
第18回 糖尿病とカンセン ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年12月11日
【連載】糖尿病デバイス革命「予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプ 『MiniMed 640G』」を公開
2017年12月08日
「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成
2017年12月08日
トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制
2017年12月01日
糖尿病の第一選択薬にメトホルミンの処方が増加、第二選択薬はSU薬が最多、米国電子カルテデータを分析
2017年11月28日
「BD マイクロファインプラス 32G × 6mm ペン型注入器用注射針」発売 マイクロファインプラスは4種類に 日本BD
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月15日
世界糖尿病デー 「インスリン50年賞」インスリン治療を続けて50年
2017年10月26日
2型糖尿病患者のインスリン治療へのSU薬、メトホルミンの上乗せ効果は?
2017年10月25日
【新連載】「糖尿病デバイス革命」を公開 第1回は皮下埋め込み型光学式CGM「Eversense」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶