若年1型糖尿病患者の健康関連QOL向上に関与する因子とは? より良い血糖コントロールが重要 [HealthDay News]

 小児・若年の1型糖尿病患者では、年齢にかかわらず血糖コントロールが良好なほど糖尿病特異的な健康関連の生活の質(QOL)は向上することが、「Diabetes Care」5月25日オンライン版に掲載の論文で報告された。

 米ベイラー医科大学/テキサス小児病院のBarbara J. Anderson氏らは、20カ国で登録した8~25歳の1型糖尿病患者5,887人を対象とした国際的な横断研究(The Global TEENs Study)を実施し、対象患者を3つの年齢群(8~12歳、13~18歳、19~25歳)に分けて解析を行った。対象患者には小児用の糖尿病に関連したQOL質問票(Pediatric Quality of Life Inventory 3.0 Diabetes Module Scales ;PedsQL 3.0を使用)に回答してもらい、問診では家庭環境に関連する因子についても評価した。

 解析の結果、全ての年齢群で男性よりも女性の方が糖尿病関連のQOLスコアが有意に低かった。年齢群別にみると、19~25歳群でQOLスコアが最も低かった。また、多変量解析によると、QOLスコアはHbA1c値と有意に関連し、HbA1c値が低いほどQOLが向上することが分かった。

 さらに、3つの糖尿病自己管理法(食事摂取量の測定に改良された方法を用いること、血糖モニタリングをより頻回行うこと、30分以上の運動を行う週当たりの日数が多いこと)はQOLスコアの向上と有意に関連していた。

 以上の結果を踏まえ、Anderson氏らは「今回の研究から、国際的な小児・若年の1型糖尿病患者集団において、3つの年齢群のいずれにおいてもHbA1c値が低いほど糖尿病関連のQOLスコアは向上することが示され、これらの関連性を支持する知見が得られた」と述べている。

 なお、一部の著者は、本研究に資金を提供したSanofi Diabetes社を含む複数の製薬企業との利益相反(COI)について情報を開示している。

関連情報

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年12月07日
妊娠糖尿病で子どもの心血管代謝指標が悪化する可能性
2017年12月01日
糖尿病の第一選択薬にメトホルミンの処方が増加、第二選択薬はSU薬が最多、米国電子カルテデータを分析
2017年11月22日
デキサメタゾンは糖尿病黄斑浮腫患者の視力を改善しない。抗VEGF薬への上乗せで検討
2017年11月16日
若年1型糖尿病のアルブミン尿、ACE阻害薬とスタチンの効果は?
2017年11月09日
インクレチン関連薬で有意狭窄のない2型糖尿病患者の転帰が改善する
2017年11月02日
2型糖尿病高リスク者への生活習慣介入とメトホルミン治療効果に個人差
2017年10月26日
2型糖尿病患者のインスリン治療へのSU薬、メトホルミンの上乗せ効果は?
2017年10月19日
ダパグリフロジンの有害事象発現率、プラセボと差なし
2017年10月12日
α-GIへのDPP-4阻害薬上乗せで2型糖尿病患者の血糖管理が改善
2017年10月05日
肥満の糖尿病患者へのリラグルチド投与、内臓脂肪の減少に有効 膵β細胞機能の改善作用も

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶