糖尿病足潰瘍と足感染症は救急受診や入院リスク増加と関連 [HealthDay News]

 糖尿病足潰瘍(DFU)と糖尿病足感染症(DFI)は、糖尿病患者の救急受診や入院リスクの増加と関連することが「Diabetes Care」5月11日オンライン版に掲載の論文で報告された。

 米オクラホマ大学健康科学センター(オクラホマシティ)のGrant H. Skrepnek氏らは、米国疾病管理予防センター(CDC)による2007~2013年の全米外来医療調査(National Ambulatory Medical Care Survey)データを用いて、DFUまたはDFIを有する18歳以上の糖尿病患者を対象に、救急受診や入院、外来受診状況について横断解析を行った。

 その結果、56億件と推定された外来受診のうち約670万件(0.8%)がDFUまたはDFIを理由とするものであった(それぞれ0.3%および0.5%)。

 多変量解析によると、その他の受診理由と比べて、DFUは救急への転送や入院および別の医師への紹介となるリスクの増加〔それぞれのオッズ比(OR)は3.4、2.1〕とともに、過去12カ月以内の受診回数が1.9倍に増え、1回当たりの診察時間が1.4倍に延長することと関連していた。また、DFIは救急への転送や入院リスクの増加(OR 6.7)および過去12カ月以内の受診回数が1.5倍に増加することと独立して関連することが分かった。

 以上の結果から、Skrepnek氏らは「推定で670万人の糖尿病足病変患者を対象とした今回の調査から、DFUやDFIは救急への転送や入院、外来受診回数の著しい増加と関連することが分かった」と結論づけている。なお、著者の1人は製薬企業や医療機器メーカーとの利益相反(COI)を開示している。

関連情報

[dm-rg.net]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶