2型糖尿病患者、起立性低血圧あると臨床転帰が悪化 [HealthDay News]

 起立性低血圧を伴う2型糖尿病患者では、夜間の血圧が上昇するriser型の血圧日内変動パターンを示す患者の割合が高く、また起立性低血圧がない患者と比べて死亡や脳心血管イベントのリスクが有意に高いことが、「Journal of Diabetes Investigation」オンライン版に5月11日掲載の論文で報告された。

 首都医科大学(Capital Medical University、中国・北京)のJing Chang氏らは、入院中の2型糖尿病患者173人を対象に、血圧日内変動パターンと臨床転帰との関連を調べた。仰臥位から立位の姿勢をとった際の血圧の変化に基づいて、対象患者を起立性低血圧群(61人)と起立性低血圧がない群(112人)に分けて24時間自由行動下血圧測定(ABPM)を行い、退院から平均45±10カ月間にわたって追跡調査を行った。

 解析の結果、起立性低血圧群では夜間の収縮期血圧(SBP)と拡張期血圧(DBP)の値が高く、67.21%がriser型の血圧日内変動を示していた。また、起立性低血圧はriser型の血圧日内変動の独立したマーカーであった(調整後オッズ比4.532)。さらに、起立性低血圧群では、起立性低血圧がない群と比べて死亡率(11.48%対2.68%)と心不全や心筋梗塞、脳卒中などの主要な脳心血管イベントの発生率(37.70%対8.93%)が有意に高かった。

 以上の結果から、同氏らは「起立性低血圧を伴う2型糖尿病患者では、riser型の血圧日内変動パターンを示す患者が多く、死亡率や主要な脳心血管イベントの発生率が高いことが分かった」と結論づけている。

関連情報

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶