DPP-4阻害薬と選択的SGLT2阻害薬の配合剤 承認申請

 MSDはDPP-4阻害薬タグリプチンリン酸塩水和物(製品名:ジャヌビア錠)とSGLT2阻害薬プラグリフロジンL-プロリン(製品名:スーグラ錠)の配合剤について、2型糖尿病を適応症として日本で製造販売承認申請を行ったと、MSDとアステラス製薬が発表した

 「ジャヌビア錠」は、MSDが製造販売する国内初の選択的DPP-4阻害剤。1日1回の投与で選択的にDPP-4を阻害し、活性型インクレチンを増加させることで血糖依存的な血糖低下作用を示す。

 「スーグラ錠」は、アステラス製薬が製造販売する国内初の選択的SGLT2阻害剤。1日1回の投与で選択的にSGLT2を阻害し、腎臓でのブドウ糖再取り込みを抑制することでインスリン非依存的な血糖低下作用を示す。

 これら異なる作用機序の2型糖尿病治療薬を配合することで、患者の服薬負担の軽減や、服薬アドヒアランス向上が期待される。今回の申請に関して実施した臨床試験では、有効性、安全性と忍容性を示すことが確認された。
[Terahata]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶