ビタミンD補充は2型糖尿病患者のインスリン感受性やインスリン分泌に影響しない [HealthDay News]

 ビタミンD欠乏を伴う2型糖尿病患者に対するビタミンD補充は、インスリン感受性やインスリン分泌に影響しないとする研究結果が、「Diabetes Care」5月3日オンライン版に掲載された。

 オスロ大学病院(ノルウェー)のHanne L. Gulseth氏らは、ビタミンD欠乏を伴う2型糖尿病患者62人を対象に、ビタミンD補充によるインスリン感受性やインスリン分泌への効果を検討するプラセボ対照二重盲検デザインのランダム化比較試験を実施した。対象患者をビタミンD3(40万IU)単回経口投与群またはプラセボ投与群にランダムに割り付けて6カ月間観察した。ビタミンD補充群に割り付けられた患者のうち、投与後4週間の時点で血清25-ヒドロキシビタミンD(25(OH)D)濃度が100nmol/L未満であった患者にはさらにビタミンD3(20万IU)を単回経口投与した。

 その結果、ビタミンD補充群では、血清25(OH)D濃度の平均値はベースライン時の38.0±12.6nmol/Lから4週間後には96.9±18.3nmol/L、3カ月後には73.2±13.7nmol/L、6カ月後には53.7±9.2nmol/Lへと上昇した。6カ月間の25(OH)Dへの総曝露量(曲線下面積;AUC)は、ビタミンD補充群では1,870±192nmol/L/週、プラセボ群では1,090±377nmol/L/週と両群間には有意差がみられた(P<0.001)。

 また、投与後のインスリン感受性、内因性グルコース産生、血糖コントロールに群間差または群内差はみられず(P=0.52)、初期インスリン分泌にも有意な変化は認められなかった(P=0.10)。

 以上の結果から、同氏らは「今回の知見から、ビタミンD不足の2型糖尿病患者に対してビタミンD3補充療法を行っても、グルコース恒常性に改善はみられないことが分かった」と述べている。

関連情報

[dm-rg.net]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶