超速効型インスリン アスパルトが1型糖尿病患者の血糖コントロールを改善 [HealthDay News]

 超速効型インスリン アスパルト製剤(fast-acting insulin aspart)は従来型の製剤に比べて1型糖尿病患者の血糖コントロールを改善することが、「Diabetes Care」オンライン版に3月29日掲載の論文で報告された。

 英ロイヤル・サリー・カウンティ病院(ギルフォード)のDavid Russell-Jones氏らは、インスリン アスパルト製剤の有効性と安全性を超速効型(以下、超速効型アスパルト)と従来型(以下、従来型アスパルト)で比較検討する多施設共同第3相のランダム化比較試験(onset1)を行った。1型糖尿病患者1,143例を対象に、二重盲検下で超速効型アスパルト(381例)または従来型アスパルト(380例)の食前投与群、あるいはオープンラベルで超速効型アスパルトの食後投与群(382例)にランダムに割り付けて比較検討した。

 その結果、ランダム化から26週後のHbA1c値は、従来型アスパルトの食前投与群に比べて超速効型アスパルトの食前投与群で有意に低下し(群間差の推定値は-0.15%、P=0.0003)、また、超速効型アスパルトの食後投与群と従来型アスパルトの食前投与群ではHbA1c値が同程度に低下することが分かった(群間差の推定値は0.04%)。

 食後血糖増加量は、食後1時間値、食後2時間値ともに従来型アスパルトの食前投与群に比べて超速効型アスパルトの食前投与群で有意に改善した(群間差の推定値は食後1時間値が-1.18mmol/L、P<0.0001、食後2時間値が-0.67mmol/L、P=0.0375)。食後2時間の血糖増加量に関しては、超速効型アスパルトの従来型アスパルトに対する優越性が認められた。さらに、重症または血糖値で確認された低血糖エピソードの発現頻度と安全性には群間差はみられなかった。

 以上から、同氏らは「超速効型アスパルト製剤は1型糖尿病患者のHbA1c値を改善し、従来型の製剤に対して非劣性であることが示されたほか、超速効型アスパルトの食前投与は従来型アスパルトよりも食後血糖増加量のコントロールに優れることが分かった」と述べている。なお、著者の一部は、本研究に資金を提供したノボ ノルディスク社を含む複数の製薬企業との利益供与を開示している。

関連情報

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年12月22日
「ペンニードル® プラス 32G 4mm」への切り替え呼びかけ ノボ ノルディスク ファーマ
2017年12月22日
インスリンの働きを高める脳から骨格筋までの経路を解明 糖尿病の新たな治療法に
2017年12月21日
強化インスリン療法時の厳格な血糖管理で高い寛解率 2型糖尿病の新規診断例で検討
2017年12月19日
血糖降下薬の服薬アドヒアランスに薬剤間でばらつき
2017年12月11日
【連載】糖尿病デバイス革命「予測低血糖自動注入停止型インスリンポンプ 『MiniMed 640G』」を公開
2017年12月08日
「ランタスXR」がインスリン デグルデクとの直接比較試験で主要目的を達成
2017年12月08日
トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制
2017年12月01日
糖尿病の第一選択薬にメトホルミンの処方が増加、第二選択薬はSU薬が最多、米国電子カルテデータを分析
2017年11月28日
「BD マイクロファインプラス 32G × 6mm ペン型注入器用注射針」発売 マイクロファインプラスは4種類に 日本BD
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶