超速効型インスリン アスパルトが1型糖尿病患者の血糖コントロールを改善 [HealthDay News]

 超速効型インスリン アスパルト製剤(fast-acting insulin aspart)は従来型の製剤に比べて1型糖尿病患者の血糖コントロールを改善することが、「Diabetes Care」オンライン版に3月29日掲載の論文で報告された。

 英ロイヤル・サリー・カウンティ病院(ギルフォード)のDavid Russell-Jones氏らは、インスリン アスパルト製剤の有効性と安全性を超速効型(以下、超速効型アスパルト)と従来型(以下、従来型アスパルト)で比較検討する多施設共同第3相のランダム化比較試験(onset1)を行った。1型糖尿病患者1,143例を対象に、二重盲検下で超速効型アスパルト(381例)または従来型アスパルト(380例)の食前投与群、あるいはオープンラベルで超速効型アスパルトの食後投与群(382例)にランダムに割り付けて比較検討した。

 その結果、ランダム化から26週後のHbA1c値は、従来型アスパルトの食前投与群に比べて超速効型アスパルトの食前投与群で有意に低下し(群間差の推定値は-0.15%、P=0.0003)、また、超速効型アスパルトの食後投与群と従来型アスパルトの食前投与群ではHbA1c値が同程度に低下することが分かった(群間差の推定値は0.04%)。

 食後血糖増加量は、食後1時間値、食後2時間値ともに従来型アスパルトの食前投与群に比べて超速効型アスパルトの食前投与群で有意に改善した(群間差の推定値は食後1時間値が-1.18mmol/L、P<0.0001、食後2時間値が-0.67mmol/L、P=0.0375)。食後2時間の血糖増加量に関しては、超速効型アスパルトの従来型アスパルトに対する優越性が認められた。さらに、重症または血糖値で確認された低血糖エピソードの発現頻度と安全性には群間差はみられなかった。

 以上から、同氏らは「超速効型アスパルト製剤は1型糖尿病患者のHbA1c値を改善し、従来型の製剤に対して非劣性であることが示されたほか、超速効型アスパルトの食前投与は従来型アスパルトよりも食後血糖増加量のコントロールに優れることが分かった」と述べている。なお、著者の一部は、本研究に資金を提供したノボ ノルディスク社を含む複数の製薬企業との利益供与を開示している。

関連情報

[dm-rg.net]

関連ニュース

2018年04月02日
インスリンポンプ「ミニメド 640G」を発売 低血糖を予測しインスリン注入を中断し、回復後に自動再開する機能を搭載 日本メドトロニック
2018年03月29日
1型糖尿病妊婦にクローズドループポンプ療法が有用 SAP療法とのクロスオーバー試験
2018年03月26日
有効なインスリンを細胞内で正確に作るタンパク質群誘導の新たな機構を解明 糖尿病創薬へ期待
2018年03月22日
インスリン経鼻投与、短期投与の安全性に問題なし 長期的な安全性については要検討
2018年03月20日
腎臓専門医への「紹介基準」を公表 日本糖尿病学会・日本腎臓学会
2018年03月20日
糖尿病専門医への「紹介基準」を作成 日本糖尿病学会
2018年03月15日
1型糖尿病発症後早期の予後因子に人種差
2018年03月05日
朝の血糖値と覚えてない低血糖 連載「インスリンとの歩き方」
2018年02月27日
「海外の医学誌から」糖尿病関連論文をピックアップ
2018年02月26日
5年後の自分とセールスという仕事 連載「インスリンとの歩き方」

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶