非糖尿病肥満者の減量にSGLT-2阻害薬+肥満治療薬の併用が有用 [HealthDay News]

 SGLT-2阻害薬のカナグリフロジンと肥満治療薬であるphentermine(フェンテルミン、国内未承認)の併用投与は、2型糖尿病を発症していない肥満者や過体重者における大幅な体重減少に有効で、かつ忍容性は良好であることが、「Diabetes Care」オンライン版に3月13日掲載の論文で報告された。

 米ベイラー大学医療センター(ダラス)のPriscilla Hollander氏らは、2型糖尿病未発症の肥満者(BMI 30以上)または過体重者(同27以上)335人(18~65歳、高血圧および/または脂質異常症を合併)を対象に、カナグリフロジンとphentermine併用投与の有効性と安全性を、各単独投与、プラセボ投与と比較検討する二重盲検デザインのランダム化比較試験を実施した。対象患者をカナグリフロジン300mg/日単独投与群とphentermine 15mg/日単独投与群、両剤の併用投与群、プラセボ投与群の4群にランダムに割り付けて26週間の治療を行った。

 その結果、ベースラインから26週後の体重減少幅は、プラセボ投与群に比べてカナグリフロジン+phentermine併用投与群で有意に大きかった(最小二乗平均差は-6.9%、P<0.001)。また、5%以上の体重減少および収縮期血圧値の低下を達成した割合も、プラセボ投与群に比べて併用投与群で優っていた。さらに、併用投与群では各単独投与群と同程度の良好な安全性・忍容性プロファイルが確認された。

 以上の結果を踏まえて、同氏らは「2型糖尿病を発症していない肥満者や過体重者に対し、カナグリフロジンとphentermineの併用投与は有意な体重減少をもたらし、その忍容性は良好であることが確認された」と述べ、「この併用治療が長期にわたる体重管理に有効であるのか否かを評価するには、さらなる研究を行う必要がある」と付け加えている。

 なお、一部の著者らは、カナグリフロジンを田辺三菱製薬株式会社と共同で開発した米Janssen社を含む複数の製薬企業との利益供与を開示している。

記事原文 [HealthDay News 2017年3月23日]

参考資料
Abstract/Full Text (subscription or payment may be required)

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶