経口薬の併用開始のタイミングが2型糖尿病患者の転帰に影響 [HealthDay News]

 経口血糖降下薬の併用を適切な時期に開始すると2型糖尿病患者のHbA1c値が大きく低下し、心血管イベントや下肢切断リスクの低減にもつながることが、「Diabetes, Obesity and Metabolism」オンライン版に2月17日掲載の論文で報告された。

 米エビデラ社(サンフランシスコ)のHenry J. Folse氏らは、アルキメデス・モデルを用いて、インスリン使用歴がなくメトホルミンを服用中でもHbA1c値が8%以上の2型糖尿病患者の仮想コホートを用いて、スルホニル尿素(SU)薬、DPP-4阻害薬、チアゾリジン系薬の順で追加する併用療法の開始が遅れた場合の血糖コントロールや転帰への影響を調べた。

 その結果、1年後のHbA1c平均値は、適切な時期に併用療法を開始した群では6.8%、開始が遅れた群では8.2%であった。適切に併用療法を開始した群では、開始が遅れた群に比べて5年後の主要な有害心イベント、心筋梗塞、心不全および下肢切断のリスクはそれぞれ18.0%、25.0%、13.7%、20.4%低下した。

 一方で、重症低血糖のリスクは、適切に併用療法を開始した群では19%だったのに対し、開始が遅れた群では12%であった。20年後においても同様の結果が得られた。

 以上の結果から、同氏らは「診療ガイドラインが推奨するタイミングで経口血糖降下薬による併用療法を開始したところ、HbA1c値は大幅に低下し、合併症のリスクも低下したが、低血糖のリスクは併用開始が遅れた場合よりも増加することがわかった」と述べ、「この知見は、治療を適切な時期に強化することが長期にわたる予後に影響を及ぼす可能性を強く示唆している」と付け加えている。

 なお、一部の著者は製薬企業や医療技術業界との利益供与を開示している。

記事原文 [HealthDay News 2017年3月10日]

参考資料
Abstract
Full Text (subscription or payment may be required)

[dm-rg.net]

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶