CKD患者のトータルケア: 古典的リスク管理のup-dateと新規リスク因子管理の可能性『腎・高血圧の最新治療』 [糖尿病の本]

腎・高血圧の最新治療 Vol.6 No.1 通巻18号(2017年1月) 発行号 -主な内容-

【特集】CKD患者のトータルケア:古典的リスク管理のup-dateと新規リスク因子管理の可能性

企画/上田 誠二(順天堂大学医学部腎臓内科学講座)
企画にあたって/上田 誠二

  1. CKDにおける血圧管理
      古林 法大  谷山 桂弘  有馬 秀二
  2. CKDにおける糖尿病管理
      金崎 啓造
  3. CKDにおける体液管理
      泉 裕一郎  向山 政志
  4. 睡眠時無呼吸症候群と心・血管・腎障害
      下澤 達雄
  5. CKDのリハビリテーション:運動療法と栄養療法を中心に
      上月 正博

<原著>
外来血液透析患者のリンに対する意識調査
  小幡 真希子  大崎 時糸子
<用語解説>
NEP阻害薬
  二瓶 義人
サルコペニア
  矢野 淳子

<文献紹介>
J Am Soc Nephrol 26: 1787-1794, 2015
  中山 陽介

<エッセイ 日本の腎臓病学・高血圧症学の先達から>
医療とコンピューター技術の進歩-人工知能はシニアドクターへの福音
  佐々木 成

●B5判・50頁程度・本文1色刷 本体\800円+税 2012年10月創刊 季刊(年4回:1月、4月、7月、10月)発行 フジメディカル出版(06-6351-0899)
 ホームページ→トップ腎・高血圧の最新治療

fujisan.co.jpへ

[dm-rg.net]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶