SGLT2阻害薬の光と影 『Diabetes Frontier』 [糖尿病の本]

Diabetes Frontier 糖尿病診察、糖尿病研究の最前線
2016年12月発行号 -主な内容-

特集 SGLT2阻害薬の光と影
総説 J-DREAMS:診療録直結型全国糖尿病データーベース事業/杉山雄太

  1. SGLT2阻害薬の臨床効果"光の部分"
     1.血糖改善効果/西村理明
     2.減量・血圧低下効果/小田原雅人
     3.脂肪肝改善効果/川名洋平
     4.腎症改善効果は臨床的に有用か?/山﨑大輔
     5.心血管イベント抑制効果~最近の話題/田中敦史
  2. SGLT2阻害薬の臨床効果"影の部分"
     1.ケトアシドーシス・低血糖誘発のリスクは?/倉野美穂子
     2.脱水の誘発は臨床的に問題か?/坂本健太郎
     3.食事調節の乱れの面から/森野勝太郎
     4.尿路・性器感染症の予防を目指して/髙池浩子/内潟安子
     5.皮膚,外陰部皮膚掻痒症の面から/塩原哲夫
     6.高齢者糖尿病治療とSGLT2阻害薬/寺内康夫
  3. ディベートセッション:SGLT2阻害薬の光と影/柏木厚典/加来浩平/綿田裕孝
  4. ■連載
    ◎カラーグラビア
    「糖尿病足病変」
    ◎基礎講座
    「1型糖尿病の基礎研究」
    ◎海外文献紹介

●A4変型 本体2,300円+税 1990年より発行 メディカルレビュー社
 出版社ホームページ→トップ

fujisan.co.jpへ

[dm-rg.net]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶