糖尿病診療におけるICT革命『月刊糖尿病』

2016年12月26日 

月刊 糖尿病 2017年1月発行号 -主な内容-

DPP-4阻害薬を極める~有効性と安全性を踏まえた適正使用に向けて~

  1. ICTがもたらす医療変革
      1.ICTを用いた健康戦略/津下一代
      2.糖尿病診療の課題とICT活用による打破/中島直樹
      3.糖尿病地域医療連携におけるICTへの期待/松久宗英・玉木 悠
  2. 糖尿病療養指導とICT
      1.スマートフォンで食事・ウォーキング・血糖・注射を把握する療養指導/小出景子・渥美義仁
      2.ICTを用いた栄養評価と課題/木村滋子・脇 嘉代
      3.ICT活用による運動療法 ?人と人をつないで歩く人を増やす/佐藤真治
  3. 糖尿病管理とICT
      1.ICTを用いた心疾患管理/藤生克仁
      2.ICTを用いた早期診断・早期治療(急性心筋梗塞の治療)/竹内一郎
      3.ロコモニターの開発:ICTを用いたロコモ評価/石島旨章・吉村祐輔・金子和夫
  4. ICTの今後の展望
      1.ICT医療の可能性/藤田英雄   2.患者目線のICT医療/黒田暁生

●A4変型判/112頁 本体2,700円+税 2017年1月20日発売 医学出版(03-3813-8722)
 ホームページ→トップ月刊 糖尿病

fujisan.co.jpへ

糖尿病の本屋さん

(dm-rg.net)

日本医療・健康情報研究所

編集部注:海外での研究を扱ったニュース記事につきましては、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。

関連情報

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。©2009 - 2017 SOSHINSHA All Rights Reserved.

糖尿病リソースガイドとは

提供

掲載希望情報の受付

メールマガジン登録無料