DPP-4阻害薬とメトホルミンの配合剤「イニシンク配合錠」発売 武田薬品

 武田薬品工業は11月29日、2型糖尿病治療剤「ネシーナ錠」(一般名:アログリプチン安息香酸塩)とメトホルミン塩酸塩の配合剤である2型糖尿病治療剤「イニシンク配合錠」を発売した。同配合錠は、アログリプチンを25mg、メトホルミン塩酸塩を500mgそれぞれ含有する、1日1回の経口投与剤。
日本で唯一の1日1回投与が可能な配合錠
 ネシーナは、1日1回投与のDPP-4阻害薬で、インスリンの分泌を血糖値に応じて高め、血糖値をコントロールする。メトホルミンは、1日2~3回投与で肝臓での糖の産生を抑制するビグアナイド薬。いずれも糖尿病治療薬として広く使用されている。今回発売したイニシンク配合錠は、DPP-4阻害薬とメトホルミンの組み合わせた、日本で唯一の1日1回投与が可能な配合錠となる。

 同配合錠について、ネシーナに係る既存の臨床試験成績と、国内臨床第3相試験で得られたネシーナとメトホルミンの併用投与時の有効性および安全性のデータにもとづき、製造販売承認を取得した。

 なお、武田薬品工業は2015年に、週1回投与のDPP-4阻害薬「ザファテック」(一般名:トレラグリプチンコハク酸塩)を発売している。2型糖尿病の病態と治療は複雑で、患者のニーズや治療の選択肢は多様化している。「今回新たに発売したイニシンク配合錠は新たな治療の選択肢になる。適正な情報活動に努めていきたい」と述べている。

イニシンク配合錠の概要
製品名イニシンク配合錠
一般名アログリプチン安息香酸塩、メトホルミン塩酸塩
効能・効果2型糖尿病
ただし、アログリプチン安息香酸塩及びメトホルミン塩酸塩の併用による治療が適切と判断される場合に限る。
用法・用量通常、成人には1日1回1錠(アログリプチン/メトホルミン塩酸塩として25mg/500mg)を食直前又は食後に経口投与する。
薬価イニシンク配合錠:174.20円
[Terahata]
編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶