1型糖尿病患者さんの「飲み会」事情 インスリンとの歩き方

2016年11月28日 

1型糖尿病患者の遠藤伸司さんによる連載「インスリンとの歩き方」は、第13回「お酒と血糖値と現実と」を公開しました。連載「インスリンとの歩き方」へ ▶

連載「インスリンとの歩き方」

 執筆者の遠藤さんは、中学生の頃に1型糖尿病を発症。以来、約30年間の療養生活の中で、留学や進学、就職、そして転職、プライベートまで幅広い経験を積み、なにかと無理をすることもあったようです。

 連載では、そんな遠藤さんの半生を、糖尿病と上手につきあうためのコツやノウハウを中心に、実体験のエピソードを交えて語っていただきます。1型糖尿病患者さんをはじめ、2型糖尿病患者さん、糖尿病医療に携わる方々は、ぜひご一読ください。

インスリンとの歩き方/執筆者プロフィールへ ▶

第13回 お酒と血糖値と現実と(本文より)

 20代半ばになったころ、お酒を飲む機会がとても多くなった。歓迎会や送別会などの会社の行事で、上司や同僚と飲むお酒だったり、たまにお客さんから誘われて飲むこともあった。1型糖尿病とは言え、避けて通れないのが酒の席だった。

 もちろん、お酒は、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションツールでもある。1型糖尿病を理由にお酒を控えるのは、病気のせいで、窮屈な生活を強いられている、あわれな自分を見るようで嫌だった。だから、少し意地もあって、お酒の席に誘われれば、ほとんど断らなかった。 お客さんと酒を飲みに行ける関係になることは、車を売る意味でも、お客さんの貴重な経験を聞く意味でも、有意義なことだった。

 ただ、お酒を飲む上で、気をつけなければいけない点は、経験上、いくつか知っていた。

 つまみに始まり、酒を飲み、また、つまみを食べては、酒を飲む。

 牛丼だとか、ラーメンだとか、チャーハンだとか、ハンバーガーとか、社会人になってジャンキーな食生活ではあるけれど、とにかく主食のある食事が、僕の1型糖尿病食の基本形だった。運ばれてきた食事を見て、カロリーを考え、食べる前にインスリンを打って、できるだけ早く食事を済ませるのが僕のスタイルだった。

続きはこちら...
第13回 お酒と血糖値と現実と ▶

(dm-rg.net)

日本医療・健康情報研究所

編集部注:海外での研究を扱ったニュース記事につきましては、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。

関連情報

◇インスリン注入器・注射針など
◇インスリンポンプ
◇SMBG:自己血糖測定器
◇CGM:持続血糖測定器
◇CGM:持続血糖測定器
◇SMBG:自己血糖測定器

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。©2009 - 2017 SOSHINSHA All Rights Reserved.

糖尿病リソースガイドとは

提供

掲載希望情報の受付

メールマガジン登録無料